これからカメラを買うあなたに、
オススメのカメラを紹介!

EOS 80D 本体画像

ハイスペック一眼レフで、
本格的な写真をはじめたい方に!

  • 2016年に新登場!まさに「一眼レフ」といえるフォルムと質感のカメラで本格的な撮影を!
  • 動きのある被写体も高精度・広範囲に捉えるオートフォーカス性能。
  • 高画素×高感度×Wi-Fiで本格的な作品をすぐにシェア。
  • 動画も強い!フルハイビジョンの高画質で映画みたいな映像も。
  • バリアングル液晶+タッチパネル+高速オートフォーカスで快適に撮影。

本格的に写真をはじめるなら、おすすめは本格派の一眼レフカメラ、EOS 80D。このカメラ、まずオートフォーカスの精度が高い!つまりピントが正確に素早く合うということ。ファインダーの中の広い範囲で、撮りたいと思ったポイントを素早くキャッチ。さらに常用ISO感度16000の対応で、このページで紹介しているどのカメラよりも暗い場所での撮影が得意です。約2420万画素のCMOSセンサー、最高約7コマ/秒の高速連続撮影など、基本性能も充実。
ほかにもフルハイビジョンの動画も撮れるので、旅の記録を映画仕立てにするような楽しみ方も。自由に動くバリアングル液晶とタッチパネル、高速オートフォーカスを組み合わせることで、画面を見ての撮影も非常に快適です。
本格的に一眼レフカメラをはじめたい方にはピッタリの一台です。

EOS 8000D 本体画像

一眼レフの本格感と
コンパクトサイズの両立。

  • 一眼レフならではの本格操作、でもコンパクト。上位機種とKissシリーズのいいとこ取り!
  • 約2420万画素と5コマ/秒の連続撮影。充実の基本性能。
  • 動く被写体にもしっかりピントが合うオールクロス19点オートフォーカス。
  • Wi-Fi機能搭載でスマホとの画像のやりとりも簡単。

本格的な一眼レフカメラは気になる、でも、大きいのはちょっと…という方にはEOS 8000Dがおすすめ。上で紹介したEOS 80Dを思わせる一眼レフカメラらしい本格的なフォルムながら、サイズを比べると非常にコンパクト。
それでいて画素数は約2420万画素、ISO感度も12800と、解像度や暗所での撮影も得意なカメラです。連写速度は5コマ/秒。さらにファインダーを覗くと19点のフォーカスポイントがピント合わせをアシスト。旅先で出会ったふとした瞬間も逃しません。同じクラスのEOS Kiss X8iと比べると、操作ボタンが増えていたり、カメラ上部に液晶画面が付いていたりと、より本格的かつ快適な操作が可能。液晶モニターは、EOS 80Dと同じく、角度をぐるりと自在に変えられるバリアングル液晶。上から撮ったり下から撮ったり、場所に捉われず自由なアングルで撮影を楽しめます。

EOS KissX8i 本体画像

簡単・キレイに写真を残したい
パパ・ママにおすすめ!

  • 手にしやすい丸みのあるフォルムで、操作はシンプル、初心者にも使いやすいモデル。
  • 高画質&簡単撮影モードがいっぱい!シャッターを押すだけでいい写真に。
  • ピント合わせが、速い!正確!撮った写真はWi-Fiですぐにみんなにシェア。
  • 動画も撮れるから、運動会や旅行もこのカメラ一台あれば安心!

カメラまかせでかんたんに、でもいい写真を撮りたいという欲張りなママに応えてくれるのがEOS Kiss X8i。EOS 8000Dに比べると丸みを帯びたかわいらしいフォルムでシンプルな操作ボタンになっていますが、撮影性能はほとんど同じ。初心者にもおすすめです!約2420万画素の大型のセンサーと約5コマ/秒の高速連写、さまざまなアングルから撮れるバリアングル液晶など、充実の基本性能です。シャッターを押すだけでキレイに撮れるオートモードから、自由に設定できるマニュアルモードまで搭載しているので、設定が苦手なママが使っても、こだわり派のパパが使っても、満足の一枚を残せます。
さらに動画もフルハイビジョン&オートフォーカスで撮れるので、お子さんとの旅行や運動会などでも、これ一台で大活躍!2016年のいろんなイベントにもバッチリ。
Wi-Fi機能を使って、撮ったその場でまわりにシェアするのも楽チンです。

EOS M3 本体画像

とにかく小さく!
本格ミラーレスカメラ

  • コンパクトなサイズで持ち運び快適。
  • 豊富なダイヤル、外付けの電子ビューファインダーで一眼レフのような本格感。
  • 約2420万画素&常用ISO感度12800の「高画素」「高感度」。
  • Wi-Fi対応で旅先でも簡単に写真をシェア。

「旅のカメラ」として持ち運びも快適。一眼レフカメラよりも小型な構造の、本格ミラーレスカメラで、2016年の旅のシーンをいっぱい撮りましょう。
EOS 8000DやEOS Kissと比べると、光学ファインダーの使い勝手や被写体の追従性こそ一眼レフのほうが有利ですが、ミラーレスカメラのEOS M3も、約2420万画素の高画質や素早いオートフォーカスなど、撮影性能は申し分ありません。
一眼レフカメラユーザーが使っても持ちやすいグリップや操作ダイヤルなど、操作性にとことんこだわって作られたカメラ。さらに外付け電子ビューファインダーをつければ、ファインダーを覗いて快適に撮影できるのもうれしいですね。
一眼レフカメラユーザーの「サブ機」として評判のカメラ。もちろんミラーレスカメラ初心者の方にもおすすめです。

EOS M10 本体画像

おしゃれにカメラを楽しむなら!

  • かわいいデザインとコーディネートアクセサリーの組み合わせで自分好みのカメラに。
  • スマホじゃ撮れないキレイな写真も、指先ひとつでアレンジ。
  • 液晶を回すだけで「自分撮り」モードに。女子にうれしい美肌モードも!
  • Wi-Fi対応だから、撮ったその場で、写真のシェアも、SNSのアップもかんたん!

旅で出会った素敵な風景、かわいい雑貨、美味しそうな料理。
もっとキレイに撮りたい、撮影してすぐにSNSにアップしたい。そんなあなたには、キレイな写真がかんたんに撮れるEOS M10がおすすめ。3色のボディーカラーに、9種類のフェイスジャケット&グリップのアクセサリーを組み合わせて自分好みのスタイルを楽しめます。カメラは設定が難しそう!と感じているひとでも指先ひとつで簡単に色味を変えられる「クリエイティブアシストモード」なら大丈夫。さらに液晶をくるっと回転させるだけで自動で「自分撮りモード」に。肌をきれいに見せる「美肌」モードもついているから女子におすすめです。Wi-Fiに対応してるので、撮ったその場でどんどん写真をアップできます。

ページトップヘ戻る