This is my life
facebook
twitter
Google +
LINE
2017.11.15

『ただのいぬ。』が証明した「かわいい」を超える犬写真

服部貴康(はっとりたかやす)カメラマン

2001年、週刊誌のグラビア記事掲載をきっかけに、話題が話題を呼び殺処分ゼロ運動の先駆けともなった『ただのいぬ。』プロジェクト。
人々の心を強く打ち、社会を動かしたモノクロ写真は、一人の無名カメラマンによる、「かわいい」を狙わないものだった。

かわいいよりもかわいそうよりも見る人に伝わる写真がある

犬と暮らす人なら誰でも「かわいい!」と声に出しながら、シャッターを切ったことがあるだろう。もしくはカメラ目線の写真を収めるために思い通りにならない愛犬と「マテ!」「オスワリ!」などと大きな声で格闘するなんてことも、みんな一度は経験することだろう。もちろんそうした“かわいい”写真、“いいコ”の写真は犬写真の一つの正解だ。しかし今から15年ほど前。犬を室内で飼うブームにわいている日本で、愛犬家たちの心を強く揺さぶったモノクロ写真『ただのいぬ。』は、かわいさも、目線も狙わないものだった。

「はじまりは滋賀県の動物愛護センターに100頭あまりの子が収容されたという事実を伝える週刊誌のグラビア企画でしたから、正直その後、これほど広がりを持つ活動につながるなんて、想像もしていなかったんです。ただボクは、これから殺処分されてしまうかもしれない不運な犬たちというイメージではなくて、そこにいる犬、そこにあるシーンをそのまま撮ることだけを大事にした。かわいいとかかわいそうというのは人間の勝手な主観です。そこにとらわれず、目の前にいる犬の存在感と魅力をあるがまま、最大限に引き出すことを考えていました。『ただのいぬ。プロジェクト』は撮るものの本質をストレートに伝え、見る人に感じ方や考え方をゆだねるドキュメンタリー写真を基本とした活動なんです」

そう語るのは、このモノクロ写真を撮影した服部貴康さん。今でこそ殺処分ゼロが各自治体のスローガンとなっているが、当時はまだ捨てられる犬の実態すら社会にまだあまり知られていなかった時代。週刊誌に掲載されたこれらの写真と記事は大反響を呼んだ。週刊誌として異例の二週連続グラビアを飾るのを皮切りに、写真集の発売も決定。2005年には世田谷文化生活情報センターで『ただのいぬ。』写真展が開催されると、小さな会場にもかかわらず異例の5,000人を動員した。

愛犬家なら知っておきたい『ただのいぬ。』に込められた意味

『ただのいぬ。』というネーミングから誰もが想像する一つ目の意味は「動物愛護センターに保護された犬の一部は“無料=タダ”で譲渡されていく」ということ。しかし愛犬家の琴線に触れたのは、そうした事実からなる部分ではなく、もう一つの意味の方だ。
「被写体となっているのは捨て犬や迷い犬ではあるんですが、このコたちもごく普通の犬=“ただ”の犬だって。もしかしたら昨日までは家庭犬だったコたちなんだって、そんな意味も、『ただのいぬ。』には込められています。このプロジェクトでは、譲渡対象になる犬を中心に作品を発表しましたが、譲渡対象になるには生後三カ月未満で健康なことが条件でした。つまり、譲渡犬は選ばれし存在で、選ばれなかった残り9割の犬は殺処分されてしまいます。それらの犬たちを等しく撮影することで、誰が見てもかわいい犬しか譲渡されないという残酷な現実が、逆にあぶり出されていったんだと思います」

どんな命も平等であり、しかしその扱いは必ずしも平等ではない。社会問題的に『ただのいぬ。』のメッセージをくみ取ればそうなるのだろうが、服部さんの写真には、あくまで平等に、それぞれの犬のあるがままが写っている。そのギャップが、見るものの心に刺さったのだ。

  1. 1
  2. 2

この記事をシェアする

おすすめ記事

親にしかつくれない、世界に一つのギフトがある
親にしかつくれない、世界に一つのギフトがある
山との一期一会を残せるのは写真だけ。
山との一期一会を残せるのは写真だけ。
愛犬と過ごす、短いけれど尊い時間<br>写真はそれを、一生の宝物にしてくれる
愛犬と過ごす、短いけれど尊い時間
写真はそれを、一生の宝物にしてくれる
Special movie
僕たちは今日、お別れします。

  • 一眼レフカメラ
    EOS 9000D
  • 一眼レフカメラ
    EOS Kiss X9i
  • 一眼レフカメラ
    EOS Kiss X9
  • ミラーレスカメラ
    EOS M5
  • ミラーレスカメラ
    EOS M6
  • ミラーレスカメラ
    EOS M100
  • コンパクトデジタルカメラ
    G9 X Mark Ⅱ