This is my life
facebook
twitter
Google +
LINE
2017.12.01

山との一期一会を残せるのは写真だけ。

鈴木優香(すずきゆか)デザイナー

“どんなとき、写真を撮りたいと思いますか?”この問いに対する答えは十人十色。しかし“心が震えるような景色”に出会い、それが二度とないかもしれないとしたら、誰もがそれをカタチに残したいと願うだろう。自らを“マウンテンコレクター=山岳収集家”と称す鈴木優香さんは、その答えをハンカチというモノに求めている。

二度と出会えないかもしれないから きちんと写真に残していきたい

「実はそもそも山登りに興味はなかったんですが、私の所属する研究室の教授が元山岳部の方で、山小屋でのゼミが毎年の恒例行事になっていました。そのときの山の肌寒さや月明かり、そして山小屋で大きな机を囲んで語り合う時間が、なんだかとても印象的で、山の雰囲気、こういう世界っていいなと感じるようになりました」
彼女が初めて山に触れたのは学生時代。ものづくりを志して美大で学んでいた時に、山小屋でデザインについて語り合う合宿「山ゼミ」に参加したことがきっかけだった。卒業後はアウトドアメーカーに就職。女性用衣類のデザインや商品企画に携わりながら、本格的に登山を始めることになる。
「忘れられないのは北アルプスの燕岳。当時の私は荷物を軽くしないといけないことすら知らなくて、必要以上の水や着替えを大量にリュックに詰めていって大変な目にあいました。正直なところ、辛すぎてその行程はあまり記憶にありません(笑)。でも山頂から初めて見た朝日と真っ赤に染まる空。あの景色だけは目に焼き付いているんです」
大学時代に父親から古いフィルムカメラを譲り受け、日常風景を撮っていた鈴木さんにとって「二度と出会えないかもしれない景色」を写真に残したいと思うのは自然な流れ。登山回数を重ね、余裕が生まれると、カメラも持っていくようになったという。

迷ったときは撮らないのがルール 自分が見つけた、自分なりの感動を大切に

稜線と澄んだ空の境界線、荒々しい岩肌の表面、雪に耐えながら春を待つシャクナゲ、霜で凍てついたガラス戸、雪の上に散らばった木の枝、山小屋で食べたアジフライ……。鈴木さんの写真は、いわゆる山岳写真とは一線を画している。山のカタチや山の状態を忠実に切り取るよりもはるかに主観的で情緒的。ただ登るだけでもしんどいところを、琴線の感度を上げて辺りをキョロキョロ。自分が好きだと感じられる被写体に出会ったら、すぐさまシャッターを切る。
「一緒に登る人からも不思議がられますが、私はそもそも華々しい景色よりも地味なものが好きだったりするので……。誰も見ていないだろうなっていうものを探してしまう癖があるのかもしれません。ただ、山となると行ける回数も限られてしまうから、自分が美しいと思うものを見つけたいし、せっかく見つけた美しいものは、そのままの形で持って帰りたいんです」
“こんなのも一応撮っておいたほうがいいかな……と迷ったときには、撮らないこと”も鈴木さんのルール。彼女がシャッターを切るかどうかの基準は、あくまで心が動いたかどうか。山は鈴木さんにとって日常では出会えない景色が広がる感動の宝庫。とりあえず撮っておくかなんて、保険をかけるような撮り方はしないのだ。
「登山は楽しい反面辛い時間も長くて、下山する頃にはボロボロ。でも山を下りて写真を見返すと、吹き飛ばされそうな強い風や雪の冷たさすら写真によって美化されて、また行こうと思うんです」
寒い。冷たい。苦しい。五感の根っこを刺激する環境で、理性よりも感性にしたがって撮られた一枚一枚の写真たちは鈴木さんにとってまさに感動の記憶。清々しさ、たくましさ、かわいらしさ、朗らかさ。なるほど鈴木さんらしい凛とした情感を、それぞれがまとっている。

  1. 1
  2. 2

この記事をシェアする

おすすめ記事

愛犬と過ごす、短いけれど尊い時間<br>写真はそれを、一生の宝物にしてくれる
愛犬と過ごす、短いけれど尊い時間
写真はそれを、一生の宝物にしてくれる
一瞬一瞬の“変化”が喜びになる<br>カメラがくれた“過去と今”のギフト
一瞬一瞬の“変化”が喜びになる
カメラがくれた“過去と今”のギフト
“ありのまま”こそ美しいから<br>どんなときも、そばにカメラを
“ありのまま”こそ美しいから
どんなときも、そばにカメラを

  • ミラーレスカメラ
    EOS Kiss M
  • 一眼レフカメラ
    EOS Kiss X9i
  • 一眼レフカメラ
    EOS Kiss X9
  • 一眼レフカメラ
    EOS 9000D
  • ミラーレスカメラ
    EOS M5
  • ミラーレスカメラ
    EOS M6
  • ミラーレスカメラ
    EOS M100
  • コンパクトデジタルカメラ
    G9 X Mark Ⅱ