This is my life
facebook
twitter
Google +
LINE
2017.12.01

“ありのまま”こそ美しいからどんなときも、そばにカメラを

花盛友里(はなもり ゆり)フォトグラファー

出産という人生の大きな節目を迎えるとき、女性にはさまざまな変化が訪れる。自分ではどうしようもない環境や身体の変化に戸惑い、もがき焦ることもある。フォトグラファーの花盛友里さんも妊娠・出産を体験した一人。仕事……自分……家族……多くの女性が抱える転機に対して、彼女が出した答えとは?

母になるからってあきらめたくない!

母になる。それは人生の一大事だ。妊娠を機に、体調、気分など、コントロールできない自分が増え、出産を経て母になると、時間の使い方も、考え方も、母としてのものになる。この時期をどう過ごし、母になった先にどんな価値観を大切にするかはそれぞれだが、多かれ少なかれ、戸惑いや迷い、不安などと向き合いながら、かけがえのない存在のために準備を進めていくという人がほとんどだろう。

「当たり前ですが、妊娠出産なんて未知のことだらけ。嬉しい反面、私ここからどうなっちゃうんだろうって不安や焦りもたくさんありました」

ファッション誌や広告などで活躍するプロのフォトグラファー花盛友里さんも、当時をそう振り返る。中学2年生のころ親戚からもらったフィルムカメラで写真の楽しさを知り、毎日カバンに3台カメラを入れて過ごした高校時代、専門学校、アシスタントを経て独立。妊娠がわかったのはフリーになって5年目のことだったという。

「ようやくフォトグラファーとしての仕事に自信がついてきて、作品撮りもしなきゃって思っていた矢先のことでした。出産したら当然今の仕事はできなくなるだろうし、写真家としての自分の在り方すら揺らいでしまうかもしれない。だから、出産までになんとか人様の記憶に残るようなことをしなきゃって考えたんです」

そうした思いをすぐ行動に移した花盛さん。自分が撮りたいものは何かと真剣に向き合い、写真集を発売することになる。

妊娠が自分の撮りたいものを見つめ直すきっかけに

「プライベートで撮った写真を見返してみたら、友達の寝起きを撮ったものが多くって、それを企画にして出版社に持ち込んだんです。ツワリに苦しみながら撮影し、出産後5カ月のころに発売。思い入れの深い1冊になりました」

妊娠による焦りが彼女にとってはいい方向に働いたのだろう。シンプルに自分が好きな写真、撮りたいものをあらためて見つめ直した結果、最初に出版された写真集は『寝起き女子』。もちろんみんなすっぴん。外行きの整った顔や服装とはほど遠いのに、それぞれの女性が引き込まれるような魅力をまとって映し出されるその世界は、多くの人をトリコにし、話題にもなった……。しかし妊婦花盛さんの制作活動は、それだけにとどまらない。

「『寝起き女子』を撮り終えて、それからすぐに『脱いでみた』を撮りはじめました。妊娠して母になることを意識したら“学生時代の方が、ヌードを撮ったり、もっと激しいことをしていたのに、このまま安定しちゃっていいの?”っていう葛藤が生まれて……」

2作目の写真集『脱いでみた』でも、花盛さんが対象としたのは、普通の女の子たちの、ありのままの姿。こちらも“女性が楽しめるヌード写真”として評判となり、花盛さんは“ありのままの女性を撮るフォトグラファー”として認知されるようになった。
「妊娠したことでの焦燥感がなかったら、この作品は生まれなかったかもしれない、ある意味息子のおかげです」
自然で柔らかな世界に、被写体を優しく抱擁する母親のような感性も感じられる写真は、花盛さんの人柄そのまま。きっと花盛さん自身も、ありのままの自分で被写体と向き合っていたのだろう。

  1. 1
  2. 2

この記事をシェアする

おすすめ記事

“いつかこんな写真が撮りたい”<br>陽の光とバイクがシンクロするその一瞬を求めて
“いつかこんな写真が撮りたい”
陽の光とバイクがシンクロするその一瞬を求めて
カメラを通して出会えた仲間と残した大切な時間
カメラを通して出会えた仲間と残した大切な時間
上手い下手は関係ない “ねぇ、一緒に写真撮りに行かんけ?”
上手い下手は関係ない “ねぇ、一緒に写真撮りに行かんけ?”
Special movie
僕たちは今日、お別れします。

  • 一眼レフカメラ
    EOS 9000D
  • 一眼レフカメラ
    EOS Kiss X9i
  • 一眼レフカメラ
    EOS Kiss X9
  • ミラーレスカメラ
    EOS M5
  • ミラーレスカメラ
    EOS M6
  • ミラーレスカメラ
    EOS M100
  • コンパクトデジタルカメラ
    G9 X Mark Ⅱ