This is my life
facebook
twitter
Google +
LINE

離ればなれになる4人。そうだ、写真展にトライしてみよう!

実はこの4人、今年の夏に地元のカフェでグループ展も開いている。場所代は4人で折半し、プリント代は各自で持ち、思い思いにそれぞれ写真を展示した。
「出会って1年とかで大げさなんですけどね。やぶちんが東京に行くことになって、私も父のいる福岡へ転職予定。みんなと離れ離れになることがわかったら、何か思い出に残ることをしたくなって。“写真展やってみない?”“いいねー、やろう!”って、誰からともなく言いだしてみんなが心から賛成して、すぐにやることも決まっちゃったんです」
あっけらかんとしたトーンで話す知佳さんだが、初めての写真展。“どこでやる?” “どうやったらできる?” “どんなテーマにしたら見る人に喜んでもらえるか”なんて悩みはじめたらキリがないし、そもそも撮っているものに自信がないと踏み切れないもの。1人でもきっとそうなのに、4人でとなると、意見の食い違いだって起こるだろう。しかし知佳さんは“やっぱりこの4人だったからかな”と笑う。
「きっと、いい写真を誰かに見せたいっていうよりも、この4人で楽しい時間を過ごしたいっていう思いがみんなのベースにあったんだと思います。だからテーマも“それぞれが撮った私たち”。最初で最後のつもりだったのですぐに決まりました」

猿楽知佳(さるがくちか)会社員

どこでやるかが決まったら、展示スペースを4等分して、それぞれが写真を選ぶことにしたという。でも、4人が集まれる時間は限られているので、SNSで意見を聞いたりしながら、現像やレタッチなどは各自で時間のあるときに行う。基本的には、自分のことは自分でやるというスタイルだ。
「ルールとかで決めているわけでもなんでもないのに、それぞれの写真を見ても誰もネガティブなことは言わないんです。“ここがいいよね”“こっちもいいよね”って」
夜な夜な写真を選んだり、複数のプリント屋でプリントしたり……、大変な作業もあったが、4人の思いが一緒だったので、全てをポジティブに楽しめたという。
写真を通して知り合った4人には、同じ写真にたくさん収まっていくなかで、自然と信頼関係ができたのだろう。写真展に向けての意気込みも“4人ならなんだって楽しめる”、そんな気持ちだったのかもしれない。4分割されたスペースに展示されたそれぞれの写真は各自で選んだとは思えない一体感があり、コーヒーを楽しみに来るお客さんの目に留まり、それぞれの友人知人からも好評を得た。その結果、この4人の写真展は随所からアンコールの声を呼び込み、“ホントにこれで最後”という2度目の写真展を、今度はアパレルショップで開くことにもなった。次のテーマは“花と女の子”だ。

今を大切に残す写真は時間とともに輝きを増していく

猿楽知佳(さるがくちか)会社員

「写真を撮るようになっていろいろな人たちと出会ったし、いろいろな場所にも行きました。写真展のように、これまでしたことのなかった体験もできたし。カメラは私に“自分の世界が広がってること”を教えてくれるもの。そして同時に、今しかない時間を大切にすることも学べました」
 写真に没頭した学生時代を経て、現在は地元で医療事務として働く知佳さん。彼女にとって写真の価値は、SNS上のコミュニケーションツールという現代の22歳らしいものと、“大切な一瞬を残す”というカメラが発明された初期からずっと変わらない普遍的なもの、その両方だ。
「写真をはじめてまだ2年。もっともっといろいろな写真を撮ってみたい」
最近は身のまわりのふとした日常風景をフィルムで撮影することもはじめたという知佳さん。“今しかない時間”を、自分らしく写真に残していくためだ。
「かなちゃん、ゆかちゃん、やぶちん。これからもいろいろな人に出会っていくと思うけど、この3人と写真仲間になれたことが本当に嬉しい。今3人に伝えたいことがあるとすれば、やっぱり感謝。ほんっとうに楽しい時間をたくさん、ありがとう」

例えば10年後。20年後。30年後。それぞれ大人としての道を歩んだ後でこの2年間で撮った写真を見返したとき、これらの写真はどんな風に、彼女たちに映るのだろう。
「きっと私の中で、写真におさめた記憶は、そのときのまま、ずっとずっと残っていくんだろうと思います」
“今しかない時間”をきちんと写真に残していくことは、未来の自分や大切な人の楽しみをつくっていくことでもあるのだ。

プロフィール

猿楽知佳(さるがくちか)会社員

鹿児島県で医療事務として働く22歳。成人の記念に一眼レフを購入し、以来友人と積極的に写真活動を行う。地元鹿児島のカフェと洋服店で二度写真展を開いている。

【Instagram】@chika37458
【tumbler】@chika417
猿楽知佳(さるがくちか)会社員
  1. 1
  2. 2

この記事をシェアする

おすすめ記事

上手い下手は関係ない “ねぇ、一緒に写真撮りに行かんけ?”
上手い下手は関係ない “ねぇ、一緒に写真撮りに行かんけ?”
“食べることも、撮ることも好きだから“おいしい”を自分らしく伝えていきたい
“食べることも、撮ることも好きだから“おいしい”を自分らしく伝えていきたい
カメラと世界を旅するからこそ自分らしく生きられる!
カメラと世界を旅するからこそ自分らしく生きられる!

  • ミラーレスカメラ
    EOS Kiss M
  • 一眼レフカメラ
    EOS Kiss X9i
  • 一眼レフカメラ
    EOS Kiss X9
  • 一眼レフカメラ
    EOS 9000D
  • ミラーレスカメラ
    EOS M5
  • ミラーレスカメラ
    EOS M6
  • ミラーレスカメラ
    EOS M100
  • コンパクトデジタルカメラ
    G9 X Mark Ⅱ