CANON GALLERY S 10TH ANNIVERSARY

  • キヤノンギャラリー
  • キヤノンマーケティングジャパン Official Facebook ページ
  • 10周年記念展発表会 第二部写真家トークセッション

第1部 コレクション展写真展は終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

キヤノンギャラリー S 10周年記念展 キヤノンフォトコレクション特別展/PART1|2013年1月31日(木)~2月21日(木)|PART2|2013年2月23日(土)~3月16日(土)

植田正治/岩宮武二/林忠彦/木村伊兵衛/石元泰博

写真文化のさらなる発展をめざし、優れた作品を1994年より収集。1900点余りの収蔵作品の中から、日本近代写真史において大きな足跡を残した5人の作品を、2部に分けて展示します。

PART1「時代を映す」2013年1月31日(木)~2月21日(木)

戦前・戦後の日本、アメリカ。大きく変化する街や人々の生活を写真家たちはどう見つめたのか。三者三様の眼差しを通して、時代の素顔に迫っていきます。

石元泰博

石元泰博「シカゴ、シカゴ」

石元の原点とも言える代表作。
1959年~1961年、学生時代を過ごしたシカゴに滞在し、鋭い視点と洗練されたデザイン感覚で、変わりゆくシカゴの街や人々の姿を捉えている。

木村伊兵衛

木村伊兵衛「秋田」「東京」ほか

20年間にわたり秋田の各地を訪ね、変わりゆく農村の原風景や、外来者には見せない農民のいきいきとした素顔を残した。その他、戦前の那覇、戦後東京のスナップも展示。

林忠彦

林忠彦「カストリ時代」

戦後、飲みすぎると目をやられるカストリ(密造酒)がはびこったカオスのような時代。焼け野原となった東京で逞しく生きる人々の表情は、生気に満ちあふれている。

PART2「造形を映す」2013年2月23日(土)~3月16日(土)

写真家の美意識は、自然、文化、日常をどう切り取ったのか。造形美を追求した3人の作品を紹介しながら、アートとしての写真の側面を考察します。

石元泰博

石元泰博「桂離宮」

現イリノイ工科大学で、写真とデザインを学んだ石元は、桂離宮の形式に高度なモダンデザインを見る。柱や鴨居など細部に焦点を当て、独自の視点で切り取った。

岩宮武二

岩宮武二「結界の美」

生活の中になにげなく溶け込む暖簾、障子、寺院の山門など、内と外、聖と俗をわかつ“結界”。岩宮はその中に、日本人が忘れかけた心のけじめに対する美学を見いだした。

植田正治

植田正治「砂丘モード」ほか

砂浜を舞台に家族を撮影した作品や、セルフポートレートなどを展示。被写体に対する独特の感性、“間”が生かされた造形美を見ることができ、無意識のうちに見る者に強い印象を与える。

出展作家のプロフィール(五十音順・敬称略)

石元泰博

石元泰博(1921-2012)

サンフランシスコ生まれ。現イリノイ工科大学でデザインと写真を学ぶ。最も優秀な学生に贈られるモホリ=ナギ賞を2年連続で受賞。1969年より日本を拠点に活動。 1970年「シカゴ、シカゴ」にて毎日芸術賞受賞。1996年文化功労者に選ばれる。

Photo:©tomita+tanaka 2011

岩宮武二

岩宮武二(1920-1989)

鳥取県生まれ。1955年岩宮フォトス創立。1966年大阪芸術大学教授に就任。「京 Kyoto in KYOTO」にて毎日芸術賞受賞。1969年「宮廷の庭」(I、II、III)にて芸術選奨文部大臣賞受賞。 1972年「IMPERIAL GARDENS of JAPAN」にて第4回国際出版文化賞受賞。

植田正治

植田正治(1913-2000)

鳥取県生まれ。鳥取砂丘を舞台に人物をオブジェのように配した「砂丘モード」は“UEDA-CHO”と呼ばれ世界的な評価を得る。1995年植田正治写真美術館を設立。1996年フランスより芸術文化勲章を受賞。生涯ふるさとで“永遠のアマチュア精神”を貫いた。

Photo:©Sanae Numata

木村伊兵衛

木村伊兵衛(1901-1974)

東京都生まれ。1919年京華商業学校卒業。1932年写真雑誌「光画」を創刊。1933年名取洋之助の興した日本工房に参加。1951年土門拳とともに「集団フォト」顧問となる。従五位勲四等旭日小綬章受章。1975年、朝日新聞社が「木村伊兵衛賞」を創設。

Photo:©Takeyoshi Tanuma

林忠彦

林忠彦(1918-1990)

山口県生まれ。1947年写真グループ「銀龍社」を秋山庄太郎、植田正治、緑川洋一らと結成。「小説新潮」の巻頭に文士シリーズの連載を開始。坂口安吾、太宰治らの写真で評価される。1988年勲四等旭日小綬章受章。

Photo:©Yoshikatsu Hayashi