キヤノンギャラリー秋元 亮太 写真展:ピリカ モシリ

故郷釧路に居を定め、撮影を続ける写真家秋元亮太氏の作品展。
「ピリカ モシリ」のタイトルのもと、厳しくも美しい北海道の四季を記録した作品30点を展示します。

開催日程 会場
2010年1月5日(火)~2月5日(金) オープンギャラリー(品川)

作者メッセージ

北海道。誰もがイメージするであろう「抜けるような、青い空」と「どこまでも続く、緑の大地」。
同じ北海道なのに釧路市で生まれ育った自分にとっては、どこか遠い世界のように感じていた。
夏になると街は真っ白な霧に覆われ、冬は凍てつく寒さに凍える日々。幼少期には厳しい自然を前に良い印象はほとんど無く、早くこの街を出たいという思いでいっぱいだった。
札幌市に移り住み自動車を所有すると、テレビや雑誌で紹介されている「青い空・緑の大地」という風景を自分もカメラに収めたいと思い、彼の地に何度も足を運んだ。
しかし、出来上がった写真には自分が納得できる北海道の姿はそこには無く、いつしか全道各地を自動車で走り回るようになっていた。
そこで気付いたのは、幼少期に良い印象が無かった厳しい自然の中にこそ、追い求めている姿があるという事だった。現在は自分のイメージに近い場所である地元・釧路市に戻り作品作りをしている。
【ピリカ モシリ】とは「ピリカ=美しい」「モシリ=土地・場所」を意味するアイヌ語で、いつも写真を撮りながら思っている言葉です。
厳しいながらも素晴らしい北海道の自然を感じて頂ければ、写真家冥利に尽きます。

講演会

プロフィール

秋元 亮太(あきもと りょうた)

略歴

1973年
北海道釧路市生まれ。
1991年
釧路工業高等専門学校を三年で修了。札幌のカメラ店に勤務。
2001年
フリーカメラマンとなる。
2007年
故郷の釧路に戻り、道東を中心とした撮影に専心している。

写真展

2005年
個展「Kamuy-Ruwe ~御神渡り~」(札幌市)、個展「釧路湿原の四季」(釧路町)
2006年
Myカメラアングル写真展出展(東川町)
2007年
グループ展「ウォール・ギャラリー」(東川町)
2008年
グループ展「ウォール・ギャラリー」(東川町)
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ