キヤノンギャラリーキヤノン Jリーグミュージアム:キヤノン Jリーグミュージアム 2008 in OSAKA

Jリーグオフィシャルカメラマンが選ぶ感動的なシーンを写真で振り返る特別企画展示です。

大阪での2回目の開催となる今回は、関西4クラブ(京都サンガF.C.、ガンバ大阪、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸)に焦点を当て、2008年前半戦写真など約50点を展示します。

また、Jリーグオフィシャルアイテムに触れられるコーナーや、すてきな賞品が当たる応募企画など、盛りだくさんの内容で開催します。

開催日程・概要

Jリーグ写真展

「キヤノン Jリーグミュージアム」は、Jリーグオフィシャルカメラマンが選ぶ感動的なシーンを写真で振り返る特別企画展示です。大阪では2回目の開催となる今回は、関西4クラブ(京都サンガF.C.、ガンバ大阪、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸)に焦点を当て、各クラブのJリーグ開幕当時から直近の2008年前半戦までを振り返る写真を約50点展示します。

なお、展示作品は、主に撮影にはキヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS DIGITAL」シリーズを、印刷にはインクジェットプリンター「PIXUS」、または大判プリンター「imagePROGRAF」を使用しました。

2008年前半戦プレイバック

今シーズン前半戦で関西4クラブの選手たちが見せた迫力あるプレーや、筋書きのないドラマから生まれる感動の瞬間をとらえた作品を展示します。

関西4クラブのJリーグ15年

今年で開幕後15年を迎えたJリーグの歴史の中で、関西4クラブに関連した名場面や印象に残る試合の数々を、そこに秘められたエピソードとともに写真で再現します。

来場者参加型イベント

写真応援メッセージを送ろう!

パーソナル製品のショールーム「デジタルハウス梅田」に、記念写真コーナーを設置します。来場者はセルフポートレートを撮り、Jリーグに関連する背景と合成して写真を作ります。応援するクラブや選手へ向けてメッセージを書き添えた後、その場でプリントアウトした写真は、順次会場内に掲出していき、会期終了後に応援メッセージとして各クラブに届けます。

Jリーグオフィシャルアイテムに触れてみよう!

コーナーフラッグや、試合で審判が使っているフラッグ・イエローカードなど、Jリーグのオフィシャルアイテムに直接触れることができます。

ゲートフラッグをつくろう!

デジタルハウス梅田にて、お気に入りのクラブの応援グッズとして使用できる「ゲートフラッグ」※をインクジェットプリンター「PIXUS」を使って無料で作成できます。

好きな写真を選んで当てよう!

会期中、展示された写真の中からお気に入りの1枚を選ぶなど、アンケートに回答した人の中から抽選で、会場内に展示している2008Jリーグ公式試合使用球や、Jリーグ観戦ペアチケットなど豪華賞品が当たるプレゼント企画を実施します。

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ