キヤノンギャラリー埴 沙萠 写真展:草と木のエコロジー

10代の頃よりサボテンの研究を始め、過酷な環境の沙漠に生きる植物から、生きることの仕組みや知恵を学び、身近な植物の生態を撮影している埴沙萠(はに・しゃぼう)氏による写真・映像展です。
本展では、春を迎え芽生えるブナの瑞々しい姿やキノコの胞子の舞いなど、埴沙萠氏の独特な目で植物の世界をとらえた写真約70点を展示します。展示作品はすべてキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントしました。
また、会場内にフルハイビジョン映像コーナーを設置します。キノコの胞子が舞う光景など「EOS 5D Mark II」で撮影されたフルハイビジョン動画や、EOSデジタルでインターバル撮影し動画に短縮編集した開花の映像など、身近にありながら日常気がつかないでいる植物の姿をキヤノンの液晶プロジェクター「WUX10」で映写します。

開催日程 会場
2009年6月18日(木)~7月27日(月) キヤノンギャラリー S(品川)

作者メッセージ

道ばたの、いっぽんの草が芽生えて、花を咲かせて、
そして、果実をつくって、種子を旅だたせる。
そのことのために、どれほどの大きな英知と愛が、
「自然」からそそがれていることか。
草や木と、いっしょにくらしているうちに、
気がついたことでした。
展示する植物の生態写真は、
生命を創造して、育てあげてきた、
すばらしい「自然」の英知を、そして愛を、
植物をとおして撮影した作品です。

プロフィール

埴 沙萠(はに しゃぼう)

略歴

1931年
大分県生まれ
1949年
作家でシャボテン研究家の故龍膽寺雄氏に師事。
このころから植物写真を撮りはじめて、龍膽寺のシャボテン関係の著書に掲載。
1951年
東京農業大学に招かれて入学。遺伝育種学研究所内に沙漠植物研究室を創設。
1960年
静岡県伊東市大室山シャボテン公園の企画設計を担当。
完成後農大を辞して無霜地帯の山口県屋代島(周防大島)に移住。
沙漠植物の生態研究のかたわら、月刊「Shaboten」、「沙漠の花」を発行して、国内外のシャボテン愛好家の指導にあたる。
1968年
郷里の大分県で、シャボテンから学んだ植物の知識を活かして、山野の植物生態の撮影をはじめる。
1994年
雪のなかの植物の生態を見たくて、群馬県みなかみ町に移り住み、撮影をつづけている。

主な著書および写真集

1975年
「光の五線譜1」(共著・ネイチャーブックス 1975年)
1982年
「萌」(新峰社 1982年)
1985年
「野の花山の花大図鑑」(講談社 1985年)
1993年
「植物記」(福音館書店 1993年)
2010年
「植物のくらし」(偕成社 2010年春発売予定)
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ