キヤノンギャラリー林 忠彦 写真展:カストリ時代1946-1956 & AMERICA1955

画像を拡大

写真家林忠彦の写真展。1946年から1956年にかけて戦後の混沌とした社会の中で、たくましく生きる日本人の様子をとらえた写真群「カストリ時代」と、戦後10年が過ぎ、豊かな生活を謳歌するアメリカの人々の様子を写し撮った「1955年のアメリカ」を併せて展示致します。本展は2015年=戦後70年という節目の年に、戦後の日本とアメリカの姿をありのままに捉えた写真群を展示致します。なお、フロリダ、ニューヨーク、ハワイを巡って撮影された「1955年のアメリカ」は、林忠彦が帰国後、展覧会や雑誌などで断片的に発表されましたが、その後紹介される機会のないまま現在に至ります。ポートレートの名手として知られる林ですが、今回展示する瑞々しいスナップにも、写真家としての鋭い感性が随所に光っています。

協力
周南市美術博物館/林忠彦作品研究室 代表 林義勝
開催日程 会場
2015年7月27日(月)~8月25日(火)
夏期休館日:8月8日(土)~8月16日(日)
キヤノンオープンギャラリー1・2

企画概要

林忠彦は、玉音放送を北京の大使館で聞きます。1946年(昭和21年)5月、アメリカの上陸用船艇LSTに乗り、やっとの思いで東京に辿り着きました。焼け野原になった廃墟をさまよう中で林は、なんとかこの東京を撮りたいと思って借金をし、小型カメラを用意すると写真を撮り続けます。そこに写しだされるのは、復員兵、靴みがきをする戦災孤児、築地の水上生活者、戦後混乱期の猥雑な風俗。そこに生きる人たちはたくましく、生へのエネルギーに満ち溢れ、「カストリ時代」は、林忠彦の代表作となりました。敗戦後の混乱期、粗悪な密造酒・カストリで疲れをいやしながら、焦土をたくましく生きる人々の姿を活写した貴重な記録です。

そして終戦から10年が過ぎた1955年(昭和30年)、林忠彦は産経新聞社主催の「ミス・ユニバース日本代表誕生」のバヤリース・フオトコンテストに組写真を応募して一等に入賞し、同紙の特派で代表となった高橋敬緯子とともに渡米します。まず、フロリダでミス・ユニバースコンテストを取材したあと、ニューヨーク、ハワイなどを回って帰国し、渡米写真集と題して「サンケイカメラ」や「婦人公論」などに発表しました。林は、はじめて目にしたアメリカに対する感想を下記のように述べています。

飛行機がサンフランシスコ上空にさしかかった途端に、こんな富裕な国と戦争をしたのか、無謀なことをしたのものだと愕然とした。眼下にみえる家並みの豊かさにいやというほどそれを知らされた。

本写真群は、一人の日本の写真家が、1955年のアメリカを視て、自由闊達にスナップに落とし込んだ瑞々しい記録です。しかし、一部が写真展やカメラ誌で発表されたのみで、ほとんどの作品は発表の機会がないままに現在に至っています。

本展覧会は、「カストリ時代」と「1955年のアメリカ」を同時に展示し、一人の写真家が見たアメリカと日本の姿を見ていただくことを目的とします。復興を目指すエネルギーの時代にある日本と、1955年の豊かなアメリカの写真。
2015年(平成27年)、戦後70周年という好機に、これら戦後のアメリカと日本の対比から、改めて「戦争」とは何だったのかを、また現在の日本を考える、きっかけとなる写真展です。

「カストリ時代と1955年のアメリカ」公開鼎談

田沼武能氏(写真家)、篠田正浩氏(映画監督)、飯沢耕太郎氏(写真評論家)の3名による戦後復興の時代と50 年代のアメリカの記憶、当時の芸術表現についての公開鼎談。

お申込みについて

ギャラリートーク

写真展会場にて、林忠彦氏の息子であり写真家の林義勝氏が作品を解説致します。

プロフィール

林 忠彦(はやし ただひこ)
1918(大正7)年、山口県徳山市の写真館に生まれる。1948(昭和23)年、「小説新潮」にて出世作となる太宰治、坂口安吾らの「文士シリーズ」を開始。1971(昭和46)年、「日本の作家」を出版し、日本写真協会年度賞を受賞。翌年、二科展「織田広喜」にて内閣総理大臣賞を受賞。1980(昭和55)年、昭和20年代の風俗を写した作品をまとめた「カストリ時代」を出版。1988(昭和63)年に勲四等旭日小綬章受章。1990(平成2)年、「林忠彦写真集 東海道」を出版。同年12月、肝臓がんのため死去。1991(平成3)年、林忠彦賞(周南市・周南市文化振興財団主催)が創設される。

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ