キヤノンギャラリー市橋織江写真展:Interlude

本展は、「キヤノンギャラリー S 2014特別展 “She's”~3人の写真家。彼女たちの写真展~」のトップを飾る、広告写真から写真集、コマーシャル映像などを幅広く手がける写真家 市橋織江氏の作品展です。
“間奏曲”を意味する「Interlude」というタイトルのもと構成される作品は、世界の狭間に存在する無数の物語を静かに見つめたオムニバス映画のようでもあり、心にある余韻を残す展示となるはずです。ヨーロッパの街を舞台に未発表作品を中心とした約60点の作品と、写真を使った映像作品を発表します。
なお、プリント作品は全てキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」で出力し、展示します。

開催日程 会場
2014年6月19日(木)~7月28日(月) キヤノンギャラリー S(品川)

市橋織江写真展「Interlude」展示コンセプト

ある時は、柔らかな光の中その瞬間の景色を切り取り
ある時は、光の当たらない世界の狭間を浮かび上がらせる。
市橋織江はそこにある無数の物語の、静かなる目撃者だ。
ヨーロッパを舞台に、街角の光景、人々の表情、空気までも写し取りながら
彼女が見つめていたのは、全ての瞬間とその間に生まれた物語。

Interlude———それは、何かを予感させる間奏曲のよう。
ひたすら幕間を漂うごとく、市橋織江の視点を追ってみる。
別の場所、別の時間にあった一瞬が集まって、生まれる余韻。
それは、1本の映画を見終わったときの感覚にも似て———。

市橋織江の感性が奏でる、完結することのない間奏曲が心に響く。

ギャラリートーク開催のご案内

展示作品を市橋氏自身が紹介しながら、撮影時の秘話などを話します。

プロフィール

市橋 織江 (いちはし おりえ)

1978年、東京生まれ。
2001年に独立後、広告や雑誌、アーティストの写真などを幅広く手がける。主な写真集に「PARIS」「PIE BOOKS」「Gift」「BEAUTIFUL DAYS」などがある。
2014年冬に「市橋織江展 2001-2013」を彫刻の森美術館にて開催。
映画「ホノカアボーイ」(2009年)の映像撮影、TVCMなどムービーカメラマンとしても活動。

キヤノンギャラリー S 2014特別展 “She’s”について

キヤノンギャラリー S では、2014年、若年層や女性層などより多くの方々に写真の素晴らしさを知っていただくことを目的に、6月19日(木)からの市橋織江写真展「Interlude」を皮切りに、10月28日(火)までの3会期に渡り、期間特別展示として「キヤノンギャラリー S 2014特別展“She’s”~3人の写真家。彼女たちの写真展~」を開催します。

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ