キヤノンギャラリーキヤノンフォトコレクション 今森 光彦 写真展:「地球いきものがたり」~小さな生命に出逢う旅~

画像を拡大

本展は、キヤノンフォトコレクションとして収蔵する作品の中から、写真家 今森 光彦氏が熱帯雨林に暮らす生物や人々を撮影した作品29点を展示します。
今森氏が30年以上にわたり追い続けてきたいきものの世界、コスタリカのハチドリやパナマのナマケモノ、そして自然環境に適応し多様な生物とも共存しながら生きる人々の姿を記録した写真展です。

キヤノンフォトコレクションは、1994年よりキヤノンマーケティングジャパンが手掛ける、日本の優れた写真家の作品のコレクションで、現在1900点余りの作品を収蔵しています。

開催日程 会場
2018年4月11日(水)~5月2日(水) キヤノンオープンギャラリー1(品川)

作家メッセージ

小さな生命を求めて世界中を旅してきた。最初に訪れたのは、インドネシア。まだ学生のときで、今から思うと、熱帯にいけば奇想天外な生物に出会えるかもしれないという子供染みた好奇心がはじまりだと思う。現地を訪れてとにかく目の前に立ちはだかる熱帯雨林の深さには、驚嘆した。しかし一方で、森を開墾した棚田の中に、たおやかな人々の暮らしがあることも知った。
珍しい生物たちを発見するなかで、いつも感心するのは、彼らの生活の舞台になっている壮大な風景。そして、それらにつながりをもっている人々の暮らしや風土。
地球は、生命という循環があるから美しい。日本の里山をみつめながら、常に世界にも視野を広げていたい。多様な生物たちと生きることの大切さを“共存”というキーワードでこれからも伝えていきたいと思う。

作家プロフィール

今森 光彦(いまもり みつひこ)

1954年、滋賀県大津市生まれ。写真を独学で学び、1980年からフリーランスとして活躍。以後、琵琶湖をのぞむ田園にアトリエを構え、自然と人との関わりを「里山」という概念で追う一方、世界各国を訪ね、熱帯雨林から砂漠まで広く取材。
第48回毎日出版文化賞、第20回木村伊兵衛写真賞、第28回土門拳賞など受賞多数。おもな写真集に『里山物語』(新潮社)、『湖辺』(世界文化社)、『今森 光彦・昆虫記』、『世界昆虫記』(ともに福音館書店)、写真文集に『萌木の国』、『藍(あお)い宇宙』(ともに世界文化社)、『里山を歩こう』(岩波書店)、『わたしの庭』(クレヨンハウス)などがある。

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ