キヤノンギャラリー岩木 登 写真展:源流の核(コア)—滝とゴルジュ

故郷の青森県・八甲田山を題材に精力的な撮影を続ける岩木登氏の作品展です。
八甲田連峰に現存する原生の自然を求め、人跡まれなブナ原生林の最深部で単独撮影を敢行する岩木氏。本展では、源流の中核を成す滝やゴルジュを写し撮った作品約20点を展示します。

開催日程 会場
2009年1月5日(月)~2月3日(火) オープンギャラリー(品川)

作者メッセージ

八甲田連峰18座山中には無数と言ってもいい川と沢が横たわっている。人間の残した最後の工作物である最終堰堤(ダム)を越えるとその先には源流がある。ブナ原生林深奥部を流れる源流は水の楽園と言ってもいいところである。
僕はこの一年間にこの源流部で100日を越す単独野営を重ねて撮影を続けました。その中から、源流の核(コア)とも言うべき滝とゴルジュをピックアップして展示しました。

プロフィール

岩木 登(いわき のぼる)

略歴

1953年
青森県十和田市に生まれる
立教大学社会学部中退し、フリーランスの写真家となる。
1984年
社団法人日本写真家協会(JPS)展入選。
1993年
アートボックス大賞展入選。
2003年
ニコン国際写真コンテスト(NPCI)佳作。
以降
JPS会員

写真集 出演番組

2003年
NHK「小さな旅20周年特別番組・東京夜の光景」に出演。
2006年
写真集『南八甲田の森をゆく』(ARTBOXインターナショナル社)を出版

写真展

1993年
個展「幻色の都」(六本木アートボックスギャラリー)
2000年
JPS「The Heart of Japan」展出品(1000人の写真家が見た日本)
2006年
写真集「南八甲田の森をゆく」出版記念展/銀座ARTBOXギャラリー
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ