キヤノンギャラリー木村 惠一 写真展:江戸東京・下町日和

本展は、昭和30年代、グラフジャーナリズムが全盛を迎えた頃から半世紀近くにわたり、ルポルタージュを中心に第一線で作品を発表してきた写真家・木村惠一氏による個展です。
東京の下町で生まれ育ち、東京をこよなく愛する木村氏は、江戸時代から伝わる伝統的な文物や技術や様式、東京の町並みや人々の撮影をライフワークにしてきました。人と会話できる距離にまで詰め、相手と阿吽(あうん)の呼吸でシャッターを切る木村氏の作品には、被写体への素直で真摯な態度が表れています。その愛情あふれる優しい視線の先には、人々の生き生きとした自然な姿があり、江戸時代から続いてきた活気に満ちた東京の町が写されています。
なお、このほど展示する約80点の作品は、すべてキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントします。

開催日程 会場
2008年6月20日(金)~7月31日(木) キヤノンギャラリー S(品川)

作者メッセージ

1970年代中頃より、折にふれ江戸から東京に伝えられた伝統の文物や職人達を撮影してきました。

文化文政期に完成された江戸の色彩や形はくらしの中に脈々と受け継がれてきましたが、近年ではそれらも殆ど伝えることができなくなってしまったようです。東京の下町に生まれ育った者の感情として日常のくらしの中でこれらのものを身近に目にすることができなくなってしまったことはとても残念です。

この写真展ではこれまでに出会った江戸伝来の<いろ>と<かたち>、職人達の仕事場、そして東京の下町の雰囲気などを記録したものの中から80点ほどを選び展示致します

講演会

プロフィール

木村 惠一(きむら けいいち)

略歴

1935年
東京下谷竹町に生まれる。
1958年
日本大学芸術学部写真学科卒業。
1960年
フリーランスの写真家として独立。グラフジャーナリズムの分野で活動。
1968年
「企業の最前線」にて講談社写真賞(現・出版文化賞)を受賞。
以降
これまでに日本の伝統文化や、東京の町や人物を中心に作品を多数発表。1977(昭和52)年より現在まで『日本カメラ』誌に連載を続ける。

所属

(社)日本写真家協会常務理事、(社)日本写真協会理事、日本大学芸術学部講師、NHK学園講師、六の会同人

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ