キヤノンギャラリー近藤 和敏 写真展:淡路「島」だった頃

画像を拡大

淡路島と四国をつなぐ大鳴門橋の開通から今年の6月で30年を迎えました。 人や物の流れが海路から陸路中心に移り変わり、 島の暮らしや風景は大きく変わりはじめました。 そして17年前、明石大橋の開通で本州とつながったことにより、 島の変貌は更に加速して行きました。 橋がかかる前の、純粋に「島」だったあの頃、 船が暮らしの中心で、時間の流れはとても穏やかでした。 その中で繰り広げられる心温まる人間模様にひかれ、 10代のころから、島の人々の生活を撮影してきました。 日本が高度成長を続けていた時代(S30~48)においても、 いたるところに「島らしさ」が溢れていたものです。 今では見ることのできない、懐かしい島の風物詩をご覧ください。

開催日程 会場
2015年7月30日(木)~8月5日(水) キヤノンギャラリー梅田
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ