キヤノンギャラリー近藤 晃 写真展:「羽田空港を見つめて35年」~新しい滑走路ができた~

本展は、本年10月に運用が開始される羽田空港のD滑走路完成を記念して開催される写真展です。
さまざまな空港での風景、空港で働く人々の姿、国内外の要人の入手国の様子、地元羽田地区の街並みの変遷など、35年にわたり近藤晃氏が記録した写真約50点を展示します。

なお、展示作品はすべてキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントします。

開催日程 会場
2010年10月2日(土)~2010年10月30日(土) オープンギャラリー(品川)

作者メッセージ

羽田空港は、昭和6年羽田飛行場としてわが国初の民間航空専用の空港(国営)として運用が開始され、来年2011年には開港80年を迎えます。開港当時は300m長/15m幅の滑走路1本を擁する53ha規模の空港でしたが、その後徐々にその規模を拡大し2010年10月21日には4本目のD滑走路がオープンします。新しい滑走路は世界に類を見ない埋め立て式と桟橋方式を両立し自然に優しい滑走路となっています。
この滑走路が完成することで羽田空港は開港当時の27倍もの広さに拡張され、これにより離着陸回数が大幅に増加し、乗降客数も世界第3位となることが予想され、名実ともに羽田空港は日本を代表する空港になるでしょう。
この写真展では、さまざまな空港での風景と国公賓や政府要人の出入国シーンや空港で働く人々、地元羽田地域の人々の暮らしに至るまで、さまざまな視点からとらえた写真を展示します。
35年に亘る羽田空港の歴史をぜひご高覧頂ければ幸いです。

プロフィール

近藤 晃(こんどう こう)

略歴

昭和34年
スタジオ助手、外国写真通信社<ライフ カメラマン助手>。
昭和40年
フリーランスとなる。
昭和51年
航空写真撮影を始める。
昭和54年
国際航空宇宙ショー<人間基地>事務局よりオフィシャル・カメラマンを委託される。
昭和56年
航空ジャーナリスト協会理事<羽田空港より開港50 年誌>および写真展の編集と記念誌を担当。
昭和57年
羽田空港沖合展開取材を始める。
昭和59年
空港での国賓、公賓の取材を始める。
昭和63年
<エア・ポート羽田春夏秋冬>テーマにてキヤノンサロンで個展。
平成2年
キヤノン主催航空写真コンテスト審査委員、運輸省より<即位の礼羽田空港接遇記録写真集>を依頼。
平成3年
羽田空港60 年実行委員会より羽田空港の歴史写真展および写真集の制作とマネジメントを担当。
平成4年
<エア・ポート羽田春夏秋冬>のテーマで2度目の個展、大田区の依頼により<羽田空港軌跡・写真パネル展>
平成12年
キヤノンEOS 学園講師。
平成13年
キヤノン航空写真愛好会顧問、キヤノンフォトクラブ添削講師、十人十色会、大田区写真クラブ顧問など。

所属

日本写真家協会会員、航空ジャーナリスト協会会員、羽田航空宇宙科学推進会議運営委員。

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ