キヤノンギャラリー操上 和美 写真展:ロンサム・デイ・ブルース

画像を拡大

本展は、写真家 操上和美氏による写真展です。
ダイナミックに変貌し動き続ける都市を舞台に、暑い夏の休日に集い彷徨う人たちを、反射的・感覚的に切り撮ったモノクロ作品約40点を展示します。
展示作品は、キヤノンのデジタルカメラ「EOS 5Ds」で撮影され、キヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントします。

開催日程 会場
2016年11月25日(金)~2017年1月16日(月) キヤノンギャラリー S(品川)
キヤノンホール S(品川)にて作家によるトークイベントを開催します。
  • 詳細は下の「トークイベントのご案内」をご確認ください。

作家メッセージ

「Lonesome Day Blues」

街は変遷する。
人々の欲望を呑み込んで ダイナミックに変貌しつづける渋谷。
都市の匂いに魅せられて 暑い夏の休日に集う人々。
誰もがスマホを片手に 俯き加減に移動する。
ビルに乱反射する夏の日を浴びて彷徨う人々。
都市の空洞に迷い込み 何処へ向かうのか。
我も彷徨い、漂い続けた暑い夏。

操上和美

トークイベント開催のご案内

操上氏とアートディレクターの葛西薫氏が展示作品を投影しながら撮影秘話などについて話します。

プロフィール

操上 和美 (くりがみ かずみ)

1936年 北海道富良野生まれ。
1961年 東京綜合写真専門学校卒業。
主な写真集に、『ALTERNATES』『泳ぐ人』『陽と骨』『KAZUMI KURIGAMI PHOTOGRAPHS-CRUSH』『POSSESSION 首藤康之』『NORTHERN』『Diary 1970-2005』『陽と骨II』『PORTRAIT』『SELF PORTRAIT』『DEDICATED』など。
主な受賞歴に、毎日デザイン賞、ADC会員最高賞、講談社出版文化賞、NY ADC賞など。
2008年 映画『ゼラチンシルバーLOVE』 監督作品。現在ピラミッドフィルム名誉会長、およびキャメル代表。
主な個展に、「陽と骨」(パルコギャラリー)、「KAZUMI KURIGAMI PHOTOGRAPHS-CRUSH」(原美術館)、「Diary」(ライカ銀座店サロン)、「操上和美 時のポートレイト ノスタルジックな存在になりかけた時間。」(東京都写真美術館)、「荒木経惟×操上和美 うつせみの鏡 時空の舟 ー我・夢・影ー」(奈良-万葉文化館)、「PORTRAIT」(Gallery 916)、「操上和美×コシノヒロコ」(KHギャラリー銀座)「操上和美写真展 DEDICATED」(art space AM)

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ