キヤノンギャラリー真島 満秀 写真展:鉄道回廊 一期一会を求めて

鉄道風景写真というジャンルを築いた写真家、真島満秀氏の作品展です。人の生活に欠かせない鉄道、その鉄道と人との関わりを、風土とともに写し込んだ真島作品は、いわゆる鉄道写真と一線を画した趣をもっています。
「線路脇をさまよっていると、悲しい話、楽しい話、面白い話が聞こえ、人々の息遣いや景色が見える、そこに季節と時間と光が絡んだ情景を記録したい。人の思いや物語も運んでいるのが鉄道である。」
この真島氏の言葉が表す通り、ひなびた駅舎や待合室で語らう人々の表情、雪に埋もれた線路や無人のホームなど、鉄道にまつわるさまざまな情景を一期一会の出会いとして写しとめた氏の作品は、人々の生活、旅情、出会いや別れなど人間のドラマまでも想起させます。このほど展示する約80点の作品は、キヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントしました。
なお、真島満秀氏は本展の準備中、今年3月に急逝されました。

開催日程 会場
2009年7月30日(木)~9月14日(月) キヤノンギャラリー S(品川)

講演会

プロフィール

真島 満秀(ましま みつひで)

略歴

1946年
長野県生まれ
以降
広告代理店に勤務後、エディトリアルフォト、作家活動を目指し独立。「メカニズムとひと」をライフテーマに撮影領域を世界に広げる。その鋭い切り口と詩情あふれる映像は、出版界をはじめ各マスコミに取り上げられ、絶大な評価を受ける。
特に、鉄道写真に関しては、人、生活、旅情といった心の部分をも写し込む写真家として、国内海外を問わずよく知られている。長年、JTB時刻表の表紙写真を手掛ける。
「鉄道写真は、機能としての“車両写真”のみならず、鉄道がいかに生きている人々や自然とかかわっているかを撮らなければならない!」というのがコンセプト。
鉄道写真界の第一人者として大いなる功績を残してきたが、本年(2009年)3月急逝。
著書は『鉄道記』(福音館書店 2002年)、『車窓のことば』(世界文化社 2007年)、『鉄道の旅 東日本編』(小学館 2007年)など。
1992年度ADC(アートディレクターズクラブ賞)受賞、AD OF THE YEAR 92(ベストフォト部門)受賞、他多数
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ