キヤノンギャラリーキヤノンフォトコレクション展 長倉 洋海 写真展:シルクロード—人間の貌

1980年よりフリーの写真家として活動を開始し、アフガニスタンやエル・サルバドルなど世界の紛争地を中心に精力的に撮影記録した長倉洋海氏の写真展。
本展では、2004年より約5年間、シルクロードの国々11カ国、のべ6万キロ以上にわたる取材で出会った人々の様子を記録した写真50点を展示します。
時には厳しく、そして豊かな自然の中で生活し、いきいきとした表情を見せる人々は、見る者に、清々しさやなつかしさ、そして人間に対する素朴な信頼感を呼び起こさせます。

開催日程 会場
2009年11月2日(月)~12月19日(土) キヤノンギャラリー S(品川)
2010年3月1日(月)~3月5日(金) キヤノンギャラリー札幌

作者メッセージ

出会ったさまざまな光景と、そこに生きる人々の姿に心がざわめいた。
自分の中に同じシルクロードの血を感じた。
シルクロードには昔から変わらぬ人の生活の有り様があった。
子どもたちの瞳に、時代を超えて受け継がれてきたものが映っていた。
国境を越えて吹き抜ける風があった。
それは古(いにしえ)の人が感じた風、私のカメラに写った風だ。

講演会

ギャラリートーク

プロフィール

長倉 洋海(ながくら ひろみ)

略歴

1973年
北海道釧路市生まれ。
以降
大学生時代は探検部に所属し、手製イカダによる日本海漂流やアフガン遊牧民調査行をする。通信社勤務を経て、1980年よりフリーの写真家となる。
以降、世界の紛争地を精力的に取材。中でもアフガニスタン抵抗運動の指導者マスードやエル・サルバドルの難民キャンプの少女へスースを長いスパンで取材し続ける。
戦争の表層ではなく、そこに生きる人間そのものを捉えようとするカメラ・アイは写真集「マスード 愛しの大地アフガン」「獅子よ瞑れ」「サルバドル 救世主の国」「ヘスースとフランシスコ エル・サルバドル内戦を生き抜いて」などに結実し、第12回土門拳賞、日本写真協会年度賞、さがみはら写真賞、講談社出版文化賞などを受賞した。
2006年には、フランス・ペルピニャンの国際フォト・ジャーナリズム祭に日本人初の写真家として招かれ、「マスード敗れざる魂」を開催、大きな反響を呼んだ。
シルクロードは2004年から撮影を開始。足掛け五年の取材で走破した距離は六万キロ、訪れた国は11ケ国に及んだ。その成果は「人間交路—シルクロード」「子どもたちのシルクロード」(いずれも毎日新聞社)にまとめられた。最新作には写真家30周年を記念した写真集「地を駆ける」(平凡社)
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ