キヤノンギャラリー中筋 純写真展:流転 Abandoned but glowing

廃墟写真家として数多くの廃墟を撮影している、中筋純氏。氏が「子宮的空間」と形容する廃墟では、胎児の記憶が蘇るようなクリアな感覚に陥るといいます。静寂に包まれた廃墟の奥で撮影した、無機的な建物の亡骸と、有機的な植物とが絡み合う姿。そして緑の衣に飲み込まれ、塵埃と化すであろう廃墟の様子を、移ろいゆく文明の一つの断章として記録しました。

開催日程 会場
2014年5月7日(水)~5月14日(水) キヤノンギャラリー銀座
2014年5月29日(木)~6月11日(水) キヤノンギャラリー名古屋
2014年7月3日(木)~7月15日(火) キヤノンギャラリー福岡
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ