キヤノンギャラリー2018年キヤノンカレンダー 野町 和嘉 写真展:World Heritage Journey 世界遺産を訪ねて

画像を拡大

本展は、写真家 野町和嘉氏による2018年版キヤノンマーケティングジャパン・カレンダー「World Heritage Journey 世界遺産を訪ねて」を飾る作品13点を含む27点を展示する写真展です。
強く壮大な風景はもとより、風土、人々の営みを撮り続ける野町氏が、最新のキヤノンの機材で撮りおろした世界遺産の数々を展示します。撮影地はグレートバリアリーフ(オーストラリア)、バイカル湖(ロシア)、プラハ歴史地区(チェコ)、コーズウェイ海岸(イギリス)、プランバナン寺院遺跡群(インドネシア)、オリンピック公園(アメリカ合衆国)などです。
展示作品はすべてキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントします。

開催日程 会場
2018年1月5日(金)~1月30日(火) キヤノンオープンギャラリー1(品川)

作家メッセージ

世界遺産をテーマとしたカレンダー作品撮影のために、地球規模で6回の取材を行ってきました。地球上最大規模のサンゴ礁である、オーストラリアのグレートバリアリーフから、シベリアの真珠と讃えられた厳冬のバイカル湖へ。そしてベネズエラのギアナ高地、チェコのプラハ、インドネシアのボロブドゥル等々、アフリカを除くすべての大陸を網羅して、季節とスケールを表現できる十数カ所の世界遺産を選定して撮影を敢行しました。本展では、カレンダー選定作品に未使用の文化遺産作品をプラスして27点を展示します。

プロフィール

野町 和嘉(のまち かずよし)

1946年高知県生まれ。杵島隆に師事した後、1971年にフリーの写真家となる。1972年のサハラ砂漠への旅をきっかけとして、ナイル川、エチオピアなど、アフリカを広く取材する。1980年代後半からは、過酷な風土を生き抜く人々の営みと信仰をテーマとして舞台を中近東、アジアに移し、長期の取材を続ける。2000年代以降は、アンデス、インドなどを中心に取材を続ける。
『サハラ』『ナイル』『チベット』『メッカ巡礼』『地球巡礼』など多くの写真集が国際共同出版される。ローマ、ミラノ、台北、東京ほかで『聖地巡礼』展を開催。土門拳賞、芸術選奨文部大臣新人賞、日本写真協会国際賞など受賞多数。2009年、紫綬褒章受章。

www.nomachi.com 野町和嘉『写真』Kazuyoshi Nomachi Photographyのサイトへ

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ