キヤノンギャラリー日本写真芸術専門学校 卒業作品展:~アジア9ヶ国を巡る、182日間~

この写真展は、学校法人日本写真芸術専門学校・写真科フォトフィールドワークコースに在籍する学生9名による卒業作品展です。
国際的に活躍する写真家の育成を目指す同コースでは、最終学年の3年次に約半年間アジア諸国を巡り、現地の人々や風景、慣習を取材する「海外フィールドワーク」をカリキュラムの柱としています。今回の展覧会に出品している学生たちは、昨年3月中旬より台湾、ベトナム、カンボジア、タイ、マレーシア、インド、ネパール、中国、韓国の計9か国を歴訪しました。

海外でのさまざまな活動を通じて、学生たちはこれまでテレビや新聞、インターネットなどで漠然と知っていたアジア像とは異なる、アジアの新たな一面を自らの目で見て肌で感じとりました。彼らは、それまで知ることのなかったアジアの現実に驚き、共感し、時に問題意識を抱きながら、学生ならではの若々しい視点に立って異国の風景やそこに暮らす人々を活写しました。

182日間の旅を終え帰国した学生たちの顔は、長旅による疲労よりも新たな自分を発見したような充実感に満ちていました。彼らが半年間にわたってアジアで体験したこと、見つけてきたもの、そして学生一人ひとりが独自の感性でとらえた現在のアジアの姿を垣間見ることのできる、個性溢れる写真展です。

開催日程 会場
2007年2月2日(金)~3月1日(木) オープンギャラリー(品川)
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ