キヤノンギャラリー東京写真月間 2017

「東京写真月間2017」は、公益社団法人 日本写真協会が東京都写真美術館と共催で実施する写真イベント。6月1日の「写真の日」を中心に、5月から6月の2か月にわたって開催されます。

国内展と国際展をそれぞれ各写真ギャラリーで開催。キヤノンギャラリーでも以下の展示を実施します。

国際展:アジアの写真家たち2017 カンボジア
Toward The Prosperity of Cambodia

画像を拡大

国際展の今年のテーマは近年発展目覚ましいカンボジア王国。写真文化においても若い写真家が成長してきています。
キヤノンオープンギャラリー1ではREMISSA MAK氏とSAMPHOS JACKY氏の作品を展示します。

開催日程 会場
2017年5月26日(金)~6月12日(月) キヤノンオープンギャラリー1(品川)

国内展:日本を愛する外国人たち
日本に在住する外国人が見た日本の自然と文化

画像を拡大

国内展は、日本文化に興味を持ち、長く日本で作家活動をしている外国人写真家を取り上げます。
キヤノンオープンギャラリー2ではカンケ・ブルノ氏「サラリーマン プロジェクト」を展示。
日本在住のフランス人ブルノ氏が、日本のサラリーマンの四季折々の「生態」をストレートに捉え、鮮やかに表現しています。

開催日程 会場
2017年5月26日(金)~6月12日(月) キヤノンオープンギャラリー2(品川)
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ