キヤノンギャラリー東海道品川宿写真展

本展は、かつての宿場町の面影が残る個性的な町「旧東海道品川宿エリア」の魅力を、新旧さまざまな写真で紹介する企画展です。
江戸時代には東海道最初の宿場町として栄え、その活気と風情が今も残る品川宿は、写真愛好家たちの間で人気の撮影スポットとして知られています。本展は、そんな“撮りたくなるまち”品川宿の今昔の表情を、地元商店会や各団体の協力による秘蔵写真をはじめ、品川にゆかりのある写真家齋藤康一氏の作品や、一般のアマチュア写真家から寄せられた公募写真を交えて紹介します。
なお、展示写真はすべてキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントします。

開催日程 会場
2011年10月1日(土)~10月31日(月) オープンギャラリー(品川)

展示構成

東海道品川宿 全体説明コーナー
  • 品川宿ってこんなところ」:品川宿に関する説明パネルを展示。
  • 「品川宿今昔マップ」:品川宿の過去・現在を比較する地図を展示。
  • 「品川宿歳時記」:品川宿で行なわれる年中行事や季節の風物詩の写真を展示。
東海道品川宿の昔と今 写真展示コーナー
品川宿の昔と今の写真を対比して展示し、変遷する町の風景を紹介。
「写真家 齋藤康一が見つけた品川宿」作品展示コーナー
品川出身の写真家、齋藤康一氏が品川宿の情景をとらえた作品を展示。
「わたしが見つけた品川宿」一般公募写真展示コーナー
写真愛好家からの一般公募による品川宿を写した写真を展示。

併催イベントのご案内

写真家 齋藤康一氏と、品川宿に詳しい大越章光氏によるトークショーを開催します。

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ