キヤノンギャラリー竹内 敏信 写真展:デジスケープ 日本列島

日本各地を精力的に撮影する風景写真の第一人者、竹内敏信氏の写真展です。竹内氏は、従来の銀塩カメラによる撮影の傍ら、21世紀にもたらされたデジタルという新しい表現方法をいち早く取り入れた写真家の一人です。銀塩カメラとデジタルカメラの両方の特性を踏まえた上で、それぞれの得意とする表現を尊重し共存させながら、今後の映像表現のあり方・可能性を模索する。こうした写真家としての使命を胸に、竹内氏は日々被写体に向かい合っています。
今回の写真展は、日本列島の四季をメーンテーマに、デジタルによる風景作品を約120点展示します。春の精彩に富んだ桜花、夏の透き通るような清流、秋の情緒的な紅葉、冬のきめ細やかな白雪など、季節の移ろいとともに景観はその表情と色彩を刻々と変えていきます。その自然の変化をキヤノンのデジタルカメラでとらえ、大判インクジェットプリンター「imagePROGRAF」で出力します。表情豊かな四季の風景が、デジタル表現を通じてまた新たな顔をのぞかせる、そんな発見がある写真展です。なお、本展のタイトルにある「デジスケープ」は、竹内氏がデジタルカメラを用いて撮影した作品群を意味しています。

開催日程 会場
2007年1月5日(金)~2月19日(月) キヤノンギャラリー S(品川)

作者メッセージ

21世紀を迎えて早くも6年が経過しました。新世紀に生まれた新しい映像表現=デジタル表現は、限りない可能性を内包しながら発展しています。このデジタル表現を、私の作品の場合「デジスケープ」と命名しました。新年度のキヤノンギャラリー Sで、デジタルで撮った日本列島の風景を観て頂きたく思います。

デジタルと銀塩。それぞれの特色を生かして、これからの映像表現に限りない可能性を追求していく。これは私達現代に生きる写真家に託された課題でしょう。

今回の写真展では、キヤノンの高画質カメラで大型カメラ並みの高い画質を追求します。細やかな日本列島の四季を「デジタル」で捉えたら、どう感じてもらえるか。デジタル独特のシャープでクリエイティブな表現を追求し、コントラストを少々高めてプリント、銀塩とは異なった日本列島の自然の姿を表したいと考えています。

例えば、春の桜。ロングの風景でも、花びらの一輪一輪が確認でき、しかも桜の全体像に立体感と存在感をも持たせることが可能です。初夏の水や滝の透明感をより際立たせて、水の国のイメージを固める。秋の紅葉風景も、個々の彩りの鮮やかさをより鮮明に引き出していく。冬の氷と雪の質感描写を生かして水が変容していった様を見せ、寒気の風景を創出していく。私が今までの写真家生活で得た経験、体験を生かし捉えた日本列島の風景をより新鮮な映像表現で試みたのが今回の写真展です。どうぞご覧ください。

講演会

プロフィール

竹内 敏信(たけうち としのぶ)

略歴

1943年
愛知県生まれ。
以降
名城大学理工学部卒業後、愛知県庁に入庁。27歳でフリーになり、ルポルタージュを中心に活動。1978年(35歳)頃、風景写真の分野に進出。日本だけではなく海外の風景にも果敢に挑戦し続け、その結果数々の個展を開催するとともに、雑誌、PR誌などにも作品を発表。数多くの写真コンテストの審査委員を務め、講演会や撮影会の指導などを通じてアマチュアカメラマンの指導にも熱心である。

主な著書および写真集

著書に『花祭』(誠文堂新光社 1983年)、『天地聲聞』(出版芸術社 1995年)、『天地風韻』(日本芸術出版社 1998年)、『天地』(出版芸術社 2003年)、『一本櫻百本』(出版芸術社 2006年)など多数。
現在、社団法人日本写真家協会副会長、日本写真芸術専門学校副校長、東京工芸大学講師、現代写真研究所講師を兼務する。

所属

社団法人日本写真家協会副会長、日本写真芸術専門学校副校長、東京工芸大学講師、現代写真研究所講師

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ