キヤノンギャラリー田中 光常 写真展:動物たち

画像を拡大

本展は、本年5月6日に逝去された写真家 田中光常氏への追悼の意を込めた写真展で、キヤノンフォトコレクションの中から氏の作品33点を展示するものです。
動物写真の第一人者として、1953年よりフリーランスの写真家として活動を開始し、世界中の動物たちのありのままの姿を記録し続けた氏は、膨大な作品をのこしています。
本展ではタイトル「動物たち」のもと、我が子に見せる慈愛に満ちたオランウータンの母親の表情、リラックスした表情を見せるライオンの親子など、氏の温かな眼差しが感じられる作品群を展示します。また、キヤノンオープンギャラリー2では、田中氏の薫陶を受け、動物写真家として活躍中の吉野信氏、浅尾省五氏、前川貴行氏の作品を併せて展示します。

開催日程 会場
2016年6月22日(水)~7月7日(木) キヤノンオープンギャラリー1・2(品川)

作家プロフィール

田中 光常(たなか こうじょう)

1924年
静岡県生まれ
1944年
北海道大学水産学部卒業
1953年
フリーランスカメラマンとして活動を開始
1958年
動物写真家として活動を開始

日本動物写真界の第一人者として、長年にわたり世界各地の動物たちを追い続け、代表作『世界野生動物記』『動物カメラ絵本』をはじめ、100冊以上の著書を手がける。
近年では写真撮影のみならず、パンダ保護協会会長やエコツーリズム推進協議会理事もつとめ、動物や自然の保護活動にも力を注ぐ。2016年5月6日逝去。

主な受賞、受章

1964年
日本写真協会新人奨励賞、日本写真批評家協会特別賞受賞
1971年
日本写真協会年度賞受賞
1989年
紫綬褒章受章
1995年
日本写真協会功労賞受賞
2000年
勲四等旭日小綬章受章

主な写真集

1968年
『日本野生動物記』
1970年
『野生動物を追う―その随想的撮影法』
1971年
『世界野生動物記』
1976年
『日本野生動物誌』
1979年
『世界の動物を追う―動物撮影ノート三十年』
1980年
『自然・動物・わが愛』
1984年
『コアラちゃん』
1990年
『狼―シベリアの牙王(共著)』
1991年
『Heart to heart』
1996年
『夢みる動物たち』
2001年
『動物ワールド』
2004年
『ペア・パンダ 』
2005年
『猫のかわいい撮り方―プロが教える』
2008年
『だいすき!パンダ 』

作品収蔵先

東京都写真美術館、静岡県庵原郡蒲原町立図書館、神奈川県川崎市市民ミュージアム
高知県佐川町立図書館、北海道東川町文化ギャラリー

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ