キヤノンギャラリー立木 義浩写真展:WINK AND BLINK

キヤノンギャラリー S 10周年記念連動展、「WINK AND BLINK」では、意図して目を閉じる「WINK」と、意図せずに目をつむる「BLINK」というタイトルのもと、立木 義浩氏がまばたきをするようにシャッターを切ったスナップ・ショットの近作を約40点展示します。

キヤノンギャラリー S 立木 義浩写真展「PIECE OF CAKE」はこちら

「WINK AND BLINK」

開催日程 会場
2013年4月4日(木)~4月10日(水) キヤノンギャラリー銀座

プロフィール

立木義浩(たつき よしひろ)

1937年
徳島県生まれ。
1958年
東京写真短期大学写真技術科卒業後、アドセンターに入社。
1969年
フリーランスとなる。女性写真の分野やスナップ・ショットで多くの作品を発表する。広告、雑誌、出版などの分野で活動し、現在に至る。
1965年に第9回日本写真批評家協会新人賞、1997年に日本写真協会賞年度賞、2010年に日本写真協会賞作家賞など受賞。2012年、写真集『小女』『Tōkyōtō』を出版。
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ