キヤノンギャラリー日本鉄道写真作家協会写真展:煙のゆくえ ~今を駆ける蒸気機関車~

画像を拡大

本展は、日本鉄道写真作家協会(JRPS)会員による写真展です。
ギャラリー1では、現在運転されているSLの本線復帰以前の雄姿を貴重なモノクロ作品で展示します。
ギャラリー2では、いま会うことができるSLが創り出す鉄道物語を存分にお楽しみいただけます。復活後の懐かしいシーンも盛りだくさんです。
作品は、最新のキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントし、展示します。

キヤノンギャラリーでは、JR発足30週年の今年、「鉄ナツ」として、日本鉄道写真作家協会写真展に加え、キヤノンギャラリー S、キヤノンギャラリー銀座で計4つの鉄道写真展を開催します。

開催日程 会場
2017年7月19日(水)~8月29日(火)
夏期休館日:2017年8月11日(金)~8月20日(日)
キヤノンオープンギャラリー1・2(品川)
  • キヤノンホール Sにて出展者によるトークイベントを開催します。
  • 詳細は下の「イベント開催のご案内」をご確認ください。

出展者メッセージ

写真展『煙のゆくえ ~今を駆ける蒸気機関車~』によせて…

「復活蒸機」と言われる、一度は現役を引退した蒸気機関車(SL)が復活して、全国各地で活躍しています。
今年はJR西日本でD51形の復活や、東武鉄道でのSL運転開始など話題がいっぱいです。日本鉄道写真作家協会(JRPS)各会員が、SLたちの雄姿をとらえ、その鉄道に対する想いを込めた作品を一堂に展示致します。
ここ品川で、懐かしくも力強く美しいSLの姿をぜひ高覧ください。

イベント開催のご案内

JRPSプレゼンツ SLスペシャルトークショー

プロフィール

日本鉄道写真作家協会(JRPS)

日本鉄道写真作家協会(JRPS)は、鉄道写真をベースに活躍する職業写真家の集まる任意団体です。 1988年11月25日に設立以来、円滑な取材活動や写真作家活動を行うとともに、会員相互の親睦と鉄道写真界の発展に寄与することを目的として、さまざまな活動を行なっています。
現在、会長の猪井貴志氏をはじめ29名の正会員が所属しています。さらに会の趣旨を理解された作家、鉄道研究家や編集者など会友、賛助会員として鉄道雑誌、鉄道図書に関する出版社、写真機材、用品メーカーなどから支援を受けています。

公式HP http://jrps.main.jp/index.html 日本鉄道写真作家協会(JRPS)のホームページへ

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ