キヤノンギャラリーキヤノンフォトコレクション展 渡部 雄吉 写真展:MOROCCO 迷宮への道

キヤノンは、写真文化の発展のため日本の優れた写真家が撮影した作品を1994年より収集しており、現在キヤノンコレクションとして1800点余りの作品を収蔵しています。今回はその中から写真家、渡部雄吉氏の作品「MOROCCO 迷宮への道」20点を展示します。

開催日程 会場
2010年2月8日(月)~3月12日(金) オープンギャラリー(品川)

プロフィール

渡部 雄吉(わたべ ゆうきち)

略歴

1924年
山形県酒田市に生まれる。
1943年
写真工房 東京光画社に入社、写真家生活に入る。
1947年
写真家田村茂氏の助手となる。
1950年
フリーとして独立、総合雑誌に作品を発表。
1959年
ヴェネツィア「国際写真ビエンナーレ」に出品、ウィーン「世界青年平和写真展」では報道写真部門でグランプリを受賞。
1960年
初めての海外旅行でエジプト、アフリカを取材。
1962年
『太陽』創刊号のため、アラスカエスキモーの取材を行う。以後、海外での取材も多く、作品は主として総合雑誌や写真集として発表。
1972年
作品集『神楽』のため日本全国の民俗行事“神楽”の取材を開始。
1974年
作品集『大いなるエジプト』で日本写真協会年度賞受賞。
1989年
再び作品集『神楽』で日本写真協会年度賞と東川賞国内作家賞を受賞。写真誕生150周年記念事業で世界の写真家54人に選ばれ顕彰される。
1992年
紫綬褒章受章。
1993年8月
逝去。
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ