キヤノンギャラリー米津 光 写真展:Landscape

写真家 米津 光氏の作品展です。米津氏は、人跡未踏の秘境や、名勝地として世間に認知されている撮影スポットではなく、全国の主要道路沿いなど、私たちの生活圏にほど近い風景の中に美を見い出します。その作品は、見慣れた何気ない日常風景を、光や大気の密度、時間の流れまでも写し込んだ新鮮なイメージとして再構成し、観る者に身近な美の存在をほのめかします。
本展に展示する約50点の作品はすべてキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントします。
併せて、キヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark II」で撮影したフルHD動画作品の上映も行います。

開催日程

作者メッセージ

普段は気にも留めず通り過ぎる、私たちの生活のすぐ隣にある風景の中にも、よく見るととても魅力的な光景があります。そのような光景を作品として表現したいと思い、全国の主要道路沿いを中心に撮影しています。絶景といわれる場所に比べると一見見劣りするような何気ない風景ですが、それぞれに味わい深く魅力に溢れ、私の感性を強く刺激します。被写体を定め、三脚を開きカメラを固定してファインダーを覗くと、その光景を鮮明なイメージに定着したいと、真っ直ぐに願う自分がいます。
今回は、最近5年間に撮影した中から約50点と、EOS 5D Mark IIで撮影した動画を展示します。
私の心に映った控えめで魅力的な風景群に、共感をいただけましたら幸いです。

米津 光ギャラリートーク開催のご案内

「控えめで主張しない魅力的な風景」について、米津 光氏によるギャラリートークを開催します。

プロフィール

米津 光(よねづ あきら)

1956年生まれ。大阪芸術大学中退。以後独学で広告写真の道へ。
本業の傍ら2005年より風景を被写体とした作品を制作。
2008年キヤノンカレンダー担当。APA(日本広告写真家協会)会員。

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ