"S"の記憶

67

会期 : 2011.5.19 - 2011.6.28

第67回展 蜷川 実花 
「MIKA NINAGAWA」

写真だけに留まらず、数々の映像作品を生み出し、活躍の幅を広げる蜷川実花氏。
2011年には、ニューヨークのRizzoli社より発表された、デビュー以来17年間に及ぶ活動の集大成である『MIKA NINAGAWA』が、アジアから発信される新しい写真表現として、全世界から注目を集めた。本展では、未発表作品を中心とした約100点のカラー作品を展示。蜷川氏しか生み出せない、色鮮やかで独自の世界観を有する作品の数々がギャラリーを彩る。

  • MIKA NINAGAWA
  • MIKA NINAGAWA
  • MIKA NINAGAWA
  • MIKA NINAGAWA
  • MIKA NINAGAWA
  • MIKA NINAGAWA
  • MIKA NINAGAWA
  • MIKA NINAGAWA
  • MIKA NINAGAWA
  • MIKA NINAGAWA

蜷川 実花 (にながわ みか)

フォトグラファー
写真ひとつぼ展グランプリ、キヤノン写真新世紀優秀賞、コニカ写真奨励賞、木村伊兵衛写真賞、大原美術館賞など数々受賞。国内外を問わず、ファッション、広告、映像などジャンルをクロスオーバーする活動で注目を集め続ける。
映画「さくらん」監督。個展「蜷川実花展-地上の花、天上の色-」は東京、岩手、鹿児島、兵庫、高知の美術館を巡回。東京のオペラシティアートギャラリー、鹿児島の霧島アートの森では最多動員記録を更新し、合計約18万人を動員した。
2010年、Rizzoli N.Y.から写真集『MIKA NINAGAWA』を海外出版。欧米を中心に世界各国で話題となっている。

[ 著作権について ]
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。

写真展の情報・作家メッセージなどは、開催当時の内容を記載しております。予めご了承ください。

page top

© Canon Marketing Japan Inc.