2017年夏、鉄道を愛するすべての人へ、
				キヤノンがお贈りしたキヤノンギャラリー鉄道写真展特集「鉄ナツ」。
				「鉄ナツオールスターズ」が2017年8月10日に運行を開始した東武鉄道「SL大樹」に乗り、ワンデイトリップ。
				見事に復活を果たした「C11 207」に揺られながら、それぞれSLへの思いを話しました。 SL大樹とは?

03 写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?

写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?

長根今日は実際に「SL大樹」に乗って、どうでしたか?

米屋サイコー(笑)

長根さっきから、「サイコー」ばっかり言っていますよね(笑)

米屋スピードがゆっくりなのがSLらしくてよかったですね。

長根ガクガク揺れながらね。

諸河SLって揺れが前後なんだよね。急勾配とかで頑張っていると少し前後に揺れて。

長根今日も途中で苦しそうにシュポシュポ煙を吐いていましたよ。

猪井吐いていたね、いい煙を。

長根窓が開いて、その煙の匂いが感じられたら、もっとよかったですけど……。

  • 写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?
  • 写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?

    JR四国から譲り受けた14系の客車

米屋この客車って、四国から回送されたんですよ。

長根いろんな鉄道会社をリレーして、最後は秩父鉄道も通ったんですよね。

米屋そう、その様子を僕も写真に撮ったんです。あのときは本当にボロボロだったけど、ここまできれいになっているとは。

長根JR四国で高松運転所に置いてあったときは、結構な状態でしたからね。

米屋それをここまできれいにして、その車両に実際に乗れたのには感動しました。

長根あと、希望としては、できれば、このまま会津鉄道の方まで走ってほしいですね。

米屋会津若松まで行ったら、最高ですね。

猪井確かに、36分だけだったからもうちょっと乗りたい気持ちはあるね。今のままだと、お酒を嗜む時間が足りない(笑)

長根まあ、乗車時間が短く感じるほど楽しかったということですよ。お酒は我慢していただかないといけないけど(笑)

猪井あの「SL大樹」のヘッドマークって、動輪が3つあるけど、やっぱり葵の御紋と関係があるのかな?

長根やっぱりって?

諸河「大樹」って徳川将軍の尊称だったから、昔は勝手に使うことができなかったんだよ。

猪井そう、だから葵の御紋に似せているんだよね。

諸河もし「大樹」って言葉を勝手に使ったら、昔はしょっぴかれたかもしれない。

長根そうだったんですか。それなのに、僕らさっき写真を撮るときに、そのヘッドマークを持って「たいじゅ〜」って言っていました(笑)

諸河江戸時代だったら、打首だったかもよ(笑)

猪井そうだよ、しかも葵の御紋を持ちながら。

米屋印籠みたいですもんね。「これが目に入らぬか」って。

  • 写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?

長根まあ、その話は置いておいて、僕たちは写真家なわけですから、この「SL大樹」を撮影するなら、どのように撮るかも聞きたいのですが。

諸河ポスターとかに使われているような、正面からドーンと撮るのもいいけど、僕はやっぱり「C11」はサイドですね。少し流しながら動輪がブーンと回っている姿がカッコいい。

長根「C11」みたいな小型機関車は、サイドビューが美しいんですね。

諸河列車が長ければ正面から横位置で撮れるけど、3両しかないと切れちゃうでしょ。縦位置でドーンと切り撮るなら大丈夫だけど。

猪井俺は正面から狙うかな。やっぱり特徴的なカニ目ライトを生かしながら、もくもく吐き出す煙を入れてね。

米屋僕も同じような感じで2灯のライトを使いたいです。霧が出たり、冬の運行で雪が降る中だったりしたら、北海道っぽく撮ることもできると思うんですよ。

長根その北海道っぽさに少し繋がるのですが、電化区間で単線じゃないですか。さらに両側にポールがあって、撮影者側からしたら、とても難しいんですよね。そこをなんとかテクニックで、ポールとかを感じさせないように北海道っぽく撮りたいですね。

諸河確かに、この路線は少し難しいよね。撮る場所も限られているし。撮影ポジションの狙い目としては、大谷向~大桑駅間かな。

猪井S字カーブのところもあったよね。あそこもいいかもしれない。長根君が言ったように、ポールとかをできれば入れたくないじゃない。だからS字のところで切り撮るのも一つの手かと。

米屋走っているところだけじゃなく、パーツがカッコいいので、ホームで止まっているときに寄りで撮るのも面白いと思いますよ。

長根車輪のアップとか、カッコいいですよね。

  • 写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?
  • 写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?

諸河写真にこだわらないのであれば、転車台で回っているところを動画で撮ると面白いかもしれない。

長根確かに! SLは鉄道の中で動画向きの被写体ですよね。煙や車輪の動きがあるし、シュッポッシュッポッという音もある。

猪井そういえば、今日も音を録っている人がいたね。

長根いたいた。音鉄ね。

諸河かなりいいマイクを持っていたよ。

長根はい、かなり高級なマイクで、プロかと思いました。でも、音だけじゃなくて、写真も撮ればもっと面白いと思うのに。

米屋いや、音も深いからね。

諸河天気のいい日は写真を撮って、悪いと音を録る人もいるよ。

長根それはいいですね。ひょっとして、米屋さんは音だけでお酒が飲める人?

米屋もちろん、飲めますね(笑)

長根SLの音を肴にお酒が飲めちゃうんだ(笑)

米屋いいんですよ音が、心にグッとくる(笑)

諸河昔、音を録って車を運転するときに流したことがあるんだよ。でも、ダメだったね。「タタタン、タタタン」って音が心地よすぎて眠くなっちゃう。

長根それは危ない(笑)

諸河だから、車の中ではなく、家の中で聞きながら酒を飲んで、よく寝ていた。

長根やっぱり寝ちゃうんだ(笑)。猪井さんは?

猪井俺は頭にイメージしながら飲むのが好きかな。SLを思い浮かべながら飲む酒は、やっぱりうまいよ(笑)

  • 写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?
  • 写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?写真家たちは「SL大樹」をどう撮る?

旅人プロフィール

  • インタビューアー長根 広和(Hirokazu Nagane)

    1974年、神奈川県横浜市生まれ。
    鉄道写真家・真島満秀氏に師事。鉄道会社のビジュアルポスターやカレンダー、時刻表表紙写真などを手がける。
    車両そのものの機能美や力強さを表現した写真に定評がある一方、ドラマチックな鉄道風景写真にファンが多い。「列車の音が聞こえてくるような作品」がモットー。

    展示情報

    諸河 久(Hisashi Morokawa)

    1947(昭和22)年東京都生まれ。日本大学経済学部、東京写真専門学院(現・東京ビジュアルア−ツ)卒業。
    鉄道雑誌「鉄道ファン」のスタッフを経て、フリーカメラマンに。「諸河 久フォト・オフィス」を主宰。国内外の鉄道写真を雑誌、単行本に発表。

    展示情報

    撮影 村上悠太 (Yuta Murakami)

    1987年東京都生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業後、(有)レイルマンフォトオフィスに入社し、2017年に独立しフリーランスの鉄道写真家として活動。2016年に鉄道写真と鉄道動画の個展「てつ動展」を開催し、EOS MOVIEにも挑戦。高校時代には北海道上川郡東川町で毎夏開催される「写真甲子園」に出場したことも。

  • 猪井 貴志(Takashi Inoi)

    1947年4月神奈川県生まれ。東京写真専門学校。JRポスター制作にも多く携わり、とりわけダイヤ改正前には多忙を極める。鉄道のみならず、人物や町の情景も手掛け旅行誌などでも活躍中。

    展示情報

    米屋 こうじ(Koji Yoneya)

    1968年山形県生まれ。生活感ある鉄道風景のなかに人と鉄道の結びつきを求めて、日本と世界の鉄道を巡り撮影。
    著書に「鉄道一族三代記」(交通新聞社)、フォトエッセー「ひとたび てつたび」、写真集「I LOVE TRAIN—アジア・レイル・ライフ-」(ころから)ほか。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。

    展示情報

乗り鉄、撮り鉄、観る鉄。今年の夏は鉄道写真を楽しもう!キヤノンギャラリー「鉄ナツ」 詳しく見る

このページをシェアする

page top