IDカードプリンター再転写方式とダイレクト方式の昇華型プリンターの違い

再転写方式とダイレクト方式の昇華型プリンターの違い
導入のご相談・見積へ

ICカードを作成できるプリンター。再転写方式とダイレクト方式の印刷方法の違い

再転写印刷方式とは

カードに直接印字するのではなく、カードに印刷する画像を、再転写フィルムに印刷し、このフィルムを熱でカードへ転写(再転写)する印刷方式です。

1. 再転写フィルムに鏡像で印刷

再転写印刷方式は、まず再転写フィルムに胸像で印刷します

2. 再転写フィルムの画像をカードに転写

再転写フィルムに印刷された画像をカードに転写するため、再転写印刷方式と呼ばれています

直接印字しない方式のため、PVC(ポリ塩化ビニール)素材のカードだけではなく、多くの素材のカードに印刷できます。また、カード表面に若干の凹凸があるICカードにもきれいに印刷可能です。

ダイレクト印刷方式とは

カード表面に直接印刷を行う方式です。再転写印刷方式に比べ、カード印刷の工程が少ないため、ランニングコストを抑えることができます。
但し、カードに直接印刷するため、カードに付着する埃や皮脂などが印字不良に繋がりやすくなります。また、ダイレクト印刷方式の場合は、カードのエッジ部分(コンマ数ミリ程度)には印字できません。

リボンに熱を加え、直接印刷

ダイレクト印刷方式は、インクリボンに熱を加えて、カードに直接印刷します

再転写方式とダイレクト方式の特長と選び方

それぞれの方式にメリットやデメリットがあります。特長による違いと選び方をご紹介します。

  再転写印刷方式 ダイレクト印刷方式
対応カード PVC / PET / PET-G / PC / ABSなど
  • PET / PET-G / PC / ABSの場合は、事前印字テストが必要です。
PVC
ICカード(FeliCa / Mifare)への印刷
カードに埋め込まれたICチップの僅かな凹凸の影響も受けずに印刷可能。

ICチップの周囲には印刷不可。デザインを工夫する必要あり。
  • カードの材質によっては、インクが乗らない場合があります。事前の検証をおすすめします。
印字余白 全面(フチなし)印刷可能 カードのエッジ部分(コンマ数ミリ程度)には印字不可
ランニングコスト
(ダイレクト印刷方式より高価)

(安価)
こんな方におすすめ 高品質なカードを作成したい方
FeliCaやMifareなどのICカードに印刷とエンコード(書き込み)をしたい方
ランニングコストを抑えたい方
対応プリンター PR-C201 PR-C151, PR-C101

カードの印字余白で比較

再転写方式は、カードのエッジ部分まで全面に印刷可能です。ダイレクト方式の場合は、カードのエッジ部分(コンマ数ミリ程度)には印字できません。

  • エッジ部分まで全面印字可能再転写印刷方式
  • エッジ部分(コンマ数ミリ程度)には印字不可ダイレクト印刷方式

だから、全面に印字するレイアウトや全面に写真画像を印刷する場合は再転写方式をお勧めします。

ICカードへの印刷で比較

再転写方式は、きれいに印刷可能です。
ダイレクト方式の場合は、肉眼ではわからないレベルのICチップの僅かな凹凸であってもインクリボンが乗らずに印字が欠ける場合があります。

  • 再転写印刷方式
  • ICチップの僅かな凹凸が原因で印字が欠ける場合がありますダイレクト印刷方式

ICチップの周囲に印字しないようなレイアウトにすれば、印字が欠ける現象を回避できる場合もあります。

ICカードの作成を考えている方、必見!ICカード導入検討ガイド 無料PDFをダウンロードする

お申込み完了後、メールにてダウンロードURLをお送りします。

「ICカードのお役立ち情報」トップページに戻る

あわせて確認したい記事

おすすめコンテンツ

このページのトップへ