IDカードプリンターICカード用語集

ICカード関連の用語や機能を解説します。商品の情報を収集される際などにお役立てください。

用語集

接触型ICカード
カード上にICチップが見える形で埋め込まれているタイプのICカードです。この方式では、ICカードとICリーダライタが直接接触してデータアクセスが行われますので、非常にセキュリティー性が高く、金融・クレジット分野などで幅広く使用されています。
おもな用途:クレジットカード、キャッシュカードなど
非接触型ICカード
無線技術を用いたICカードです。ICチップは外からは見えません。カードをICエンコーダにかざすだけで情報のアクセスができる、利便性の高さが大きな特長です。接触による表面の摩耗や損傷を受けにくい構造になっています。「FeliCa」「Mifare」などが該当します。
おもな用途:電子マネー、社員証や学生証など
PET-G(ペットジー)
プラスチックカードの材質の1つ。「ポリエチレンテレフタレートグリコール」の略。焼却しても水と二酸化炭素に分解され、有害物質が発生せず環境に優しい材質です。交通系カードやプリペードカードにも使用されています。PVCと比較して高価格です。
PVC(ピーブイシー)
プラスチックカードの材質の1つ。ポリ塩化ビニールのことであり、一般的に「塩ビ」と呼ばれています。
エンコード
ICチップや磁気テープに情報を書き込むこと。カードプリンターにて磁気カードやICカードに読み書きを行う場合、一般的にはカードプリンター内部に磁気/ICエンコーダを搭載し、磁気/ICカードへの読み書きはエンコーダーが行います。
プレ印刷
IDカードの個人情報以外の共通したデザイン部分を、あらかじめ印刷したカードのことです。カードプリンターでは再現不可能な金・銀・蛍光色にも対応できます。
昇華型再転写印刷方式
一度再転写フィルムに印字した画像をゴムヒートローラーにより熱圧着し、カード表面に再転写する印刷方式。
カード全面への印字が可能で、ICチップなどの凹凸にも問題なく印字できる。
詳細は、再転写方式とダイレクト方式の昇華型プリンターの違いをご確認ください。
ダイレクト印刷方式
カード表面に取り付けられたICモジュールとリーダライタの端子を接触させて、電力供給や通信を行うICカード。
詳細は、再転写方式とダイレクト方式の昇華型プリンターの違いをご確認ください。
NFC
Near Field Communicationの略称で、13.56 MHzの周波数を利用する近距離無線通信技術。
ISO / IEC 18092(NFCIP-1)という国際標準規格で定められた通信技術に由来。このNFCIP-1の策定を機に、NXPセミコンダクターズ社(旧フィリップスセミコンダクターズ社)・ノキア社・ソニーの3社が設立メンバーとなり、業界標準団体NFCフォーラムが発足。
UID
「Unique ID」の略。MIFAREカード製造時にICチップに書き込まれる製造番号。書き換えは不可能。
IDm
FeliCaカード製造時にICチップに書き込まれる製造番号。書き換え不可能。リーダライタが通信相手のカードを識別するためのIDで、Pollingレスポンスコードの次のバイトから続く8バイトのコード。
システムコード
FeliCaカードの使用されているシステムを管理をするために企業単位で発行する4桁の認識コードのことです。
このコードは「1次発行(エンコード)」の際に必要になります。実際の運用では、ICカードリーダーがこのシステムコードを見ていて、システムコードの違うFeliCaカードがリーダにかざされた場合に直ぐにエラーを返すことができます。
システムコードの取得方法は、営業にお問い合せください。
1次発行(エンコード)・2次発行(エンコード)
FeliCa Standardは高レベルでの暗号対応しております。その機能を利用する場合、1次発行・2次発行などのエンコードが必要になります。
  • 1次発行(エンコード)…ICチップ内のエリア分けを行うことです。
  • 2次発行(エンコード)…指名や顔写真などの可変情報をICチップ内に書き込み、カード券面に印刷することです。
パブリックエリア
フェリカネットワークスが管理する公共的なエリア。発行者の違いによらず、Edyなど共通のアプリケーションを利用できる。
プライベートエリア
カード発行者ごとに自由に使用できるエリア。
「ICカードのお役立ち情報」トップページに戻る
このページのトップへ