IDカードプリンターICカード発行用のデータベース作成ガイド

ICカード発行用のデータベース作成ガイド
導入のご相談・見積へ

ICカードを発行するためには、自社内のICカード発行プリンターで作成する場合も外注する場合も、予めデータベースを用意する必要があります。ここでは、データベースの基本的な作成方法をご紹介します。

用意するデータベースは2種類

ICカードにチップ書き込みと券面印字を行う場合、2種類のデータベースを用意する必要があります。
最終的には、2種類のデータベースを1つのデータベースに統合します。
ファイル形式は、アプリケーションへの取り込みを考慮すると、ExcelまたはCSVファイルで作成しておくと流用が効くのでおすすめです。

2種類のデータベースを統合した完成例

ICカード発行用に2種類のデータベースを統合した完成例

データベースの各項目の説明

ICカード発行用データベースの各項目の説明

データベース作成時のポイント

アプリケーション側ではデータベースに記載した内容を取り込み、そのまま印刷するため誤記はもちろん、大文字小文字、スペースの取り扱いに注意が必要です。

テキストデータで気をつけたいポイント

画像データ作成時のコツ

顔写真などの画像データは、社員番号や学籍番号などのユニークなデータベース項目と同じファイル名(社員番号.jpgなど)にしておくと、運用上の管理やICカード印刷時の画像の取り込み段階で便利です。
その他、下記の点にご注意ください。

推奨ファイル形式 JPG、BMP
カラーモード RGB
推奨解像度 約500~1500pixel※1
推奨ファイルサイズ 500KB~3MB※2
ICカードの作成を考えている方、必見!ICカード導入検討ガイド 無料PDFをダウンロードする

お申込み完了後、メールにてダウンロードURLをお送りします。

おすすめコンテンツ

「ICカードのお役立ち情報」トップページに戻る
このページのトップへ