IDカードプリンター顔写真の自動トリミング(Artlandのみ)動画の内容をテキストで紹介

Artlandシリーズの「画像一括取り込み」機能をご紹介します。
「画像一括取り込み」機能は、画像ファイルを社員IDなどと同じ名前にすることで、顔写真を一括で内部データベースに一括で取り込むことができます。
顔写真入りの社員証、名刺、入館証などがカンタンに作成できます。
[編集] – [画像一括取り込み]をクリックします。

顔写真のパスを取り込むデータベース列名を選択します。次に、取り込みたい顔写真の検索キーとなる列名を選択します。次に、取り込みたい顔写真が保存されているフォルダーを選択します。
取り込まれる顔写真のリストがサムネイル形式で表示されます。
[OK]をクリックします。

写真列に取り込んだ顔写真のパスが表示されます。

「画像自動切り取り」機能をご紹介します。
[編集] – [画像自動切り取り]をクリックします。

画像自動切り取り画面で、上部の[自動切り取り設定]のアイコンをクリックします。

余白比率設定画面では、画像の縦横比率や切り取り範囲を調整できます。

画像自動切り取り画面で、上部の[自動切り取り]のアイコンをクリックします。
自動切り取りが開始されます。

画像自動切り取り後の画像を確認します。

自動切り取りがうまくいかない場合は、手動で切り取り範囲を微修正できます。
顔写真をクリックし、微修正します。

画像自動切り取り画面を閉じる際、調整内容を保存します。

このページのトップへ