CapturePerfect SDK京都電子計算株式会社

数万の願書登録をわずか4台のスキャナーで実現したシステムのポイントとは?
京都電子計算株式会社 [PDF:全4ページ/1.05MB]PDF
京都市にある京都電子計算株式会社

京都電子計算株式会社(KIP)は、1964年に京都新聞社の全額出資で設立された企業で、ソフト開発、パッケージシステムの提供、導入・運用支援サービスなどを手掛けている。同社は情報処理センターとしてこれまで数多くの大学入試業務を支援しており、入試願書受付OCRシステム『G-entry』も提供している。

「『G-entry』は、最近増えつつある、ひとつの大学で複数の学部を受験できる複願に対応した単票複願方式の入試願書受付OCRシステムです。現在は地元京都のほか、関東や中国、九州の学校にも採用されるなど、利用は全国の大学に広がりつつあります。もっとも大きな大学では、数万人規模の入学願書を処理しています」と、『G-entry』のプロジェクトマネージャーを務める京都電子計算株式会社 ソリューション事業部 システム部 開発1グループ グループマネージャー 森田智久氏は説明する。

入学願書処理の工数を大幅に削減

京都電子計算株式会社ソリューション事業部システム部 開発1グループ グループマネージャー 森田智久氏

このシステムは、キヤノン製ドキュメントスキャナーでカラー顔写真付志願票をイメージとして読み取り、手書きの氏名や住所、チェックマークなどの記述・マーク部を日本語OCRエンジン「Rosetta-Stone-Components」(キヤノン製)により認識し、データベースに登録する。

『G-entry』を使用したOCR願書入力処理の流れ
単票複願方式の志願票/スキャナーで読み取った志願票のイメージデータ

登録されたデータは受験票の発行や受験当日に受験生と照合する『写真照合シート』、『志願者一覧表』の作成に使われるほか、大学が利用している基幹システム向けの連携データとしても活用される。以前の大学入試では、受験生自身が手書きした受験票に受験番号が付加されて返信されるスタイルだったが、このシステムを利用すれば、住所や氏名などはデータベース情報をもとに印刷されて送付されるため、受験生のサービス向上にもつながっている。

『写真照合シート』/『累積データチェックリスト』

『G-entry』はOCRによりデータ入力作業の工数を大幅に削減するほか、複数学部受験の場合に受けられる学部と受けられない学部のチェックなども行っており、人的作業によるミスも防ぐことができる。ユーザーからは、受験番号の自動採番機能も喜ばれているという。

京都電子計算株式会社 ソリューション事業部 システム部 開発1グループ リーダー 鬼村雅司氏

「学校によっては、入学願書の写真を学生証の写真に転用しています。試験当日の受験者の顔写真照合もシステムから出力される『写真照合シート』を利用できますので、手作業に比べてかなり工数を削減できると思います。また、データベース化しているため、志願者からの問い合わせに対してもいちいち元本を探すことなく、登録されているイメージデータを使って迅速に答えることができます」と、京都電子計算株式会社 ソリューション事業部 システム部 開発1グループ リーダー 鬼村雅司氏は、システム化のメリットを語った。

このページのトップへ