ドキュメントスキャナー日本事務器株式会社

スキャナーと電子カルテを使って、医療機関の紙文書の効率的な電子化を実現
日本事務器株式会社 [PDF:全4ページ/1.06MB]PDF
東京都渋谷区にあるNJCの本社があるビル

2014年2月で創業90周年を迎える日本事務器株式会社(NJC)では、医療・公共、文教、民間企業向けに各種ソリューションを提供する。中でも、医療・介護・健康などのヘルスケアソリューションは、約2,000ユーザーへの導入実績がある同社の中核事業で、電子カルテ、医療事務、介護保険業務支援システム、地域医療連携ネットワーク、健診システム、特定保健指導システムなど、幅広いソリューションを提供している。

医療分野の中心は電子カルテシステムで、「MegaOak-MI・RA・Is/PX」シリーズを展開。「MegaOak-MI・RA・Is/PX」シリーズはCSIが開発した電子カルテシステムで、NJCでは、提案・導入から運用サポートまでをワンストップで提供している。

「MegaOak-MI・RA・Is/PX」シリーズの文書作成機能画面。予め作成したWord、Excel等の雛形にカルテ記載情報を流用して印刷できる/「文書作成」ボタン押下時の文書ファイル画面

「MegaOak-MI・RA・Is/PX」シリーズには、一般病院向けのほか、混在型病院向け(急性期医療と慢性期医療などの混在)の「Type X」、精神科単科病院向けの「Type M」、100床未満の小規模医療機関向けの「Type C」と、4種類がラインナップされている。

日本事務器株式会社 事業推進本部 ヘルスケア・文教ソリューション事業推進部 ヘルスケアソリューショングループ 藤木健介氏

同社の医療分野での強みについて、日本事務器株式会社 事業推進本部 ヘルスケア・文教ソリューション事業推進部 ヘルスケアソリューショングループ 藤木健介氏は、「弊社は単に商品を販売するというだけでなく、拠点には病院での導入経験豊富なSEがおり、ハードウェアの保守部隊やネットワーク専門のスタッフもかかえるなど、サポート体制が充実しています。このあたりが評価されて、多くの導入実績につながっていると思います」と語る。

また、幅広いラインナップを持っていることで、各システムの連携が図れる点も同社の強みだ。

「たとえば、弊社には介護保険業務支援システム『EHRLINKほのぼのNEXT』というものがあります。通常、医療保険と介護保険は別々のシステムになっていることが多いのですが、弊社の場合、新たに『PHRMAKER』という法人内情報一元化サービスをお使い頂くことでこれらの患者情報を連携し、どのクライアント端末からでも情報を参照することができます。この点は、他社との大きな差別化ポイントになっています」(藤木氏)

医療機関は電子カルテシステムを導入することで、文書の保管スペースを削減できるが、メリットはそれだけではない。

その他のメリットについて同氏は、「診療記録や診療に関する諸記録を電子化することで、病院内の部門同士の連携を図ることができます。具体的には、それまで人間が行っていた調剤部門や処置室などに対する医師からの指示をデータで伝えることで転記や伝達のミスを防ぎ、情報伝達を迅速・正確に行うことができます。また、紙カルテを利用している場合は、各部門に対してカルテを人がカートを使って運ぶことになりますが、その間、各部門は情報を見ることができません。電子化すれば、搬送業務から解放されるとともに、1患者の情報を必要な部門が共有して閲覧できます。これは最終的に、患者さんの待ち時間短縮にもつながります。加えて、求める文書を簡単に検索できるのも大きなメリットだと言えます」と説明する。

こういった理由から、すでに電子カルテは多くの病院で導入が進んでおり、最近は小規模な病院でも導入の検討が始まっている。

このページのトップへ