ドキュメントスキャナーDR-C225W搬送性能

設置スペースを抑えた、高速ラウンドスキャナー。DR-C225W

「ラウンドスキャン」で、すっきり快適搬送

排紙スペースのいらない搬送方式

給紙された原稿がクルッとUターンして本体前部に収まる、排紙スペースのいらない搬送方式「ラウンドスキャン」を実現。デスクにすっきり設置して、すばやく快適に使える新コンセプト・ドキュメントスキャナーです。

写真:ラウンド・スキャンの利用イメージ

「ダブらんスキャン」

重送しにくいリタード方式を採用

DR-C225Wは「リタード方式」を採用しています。一度に2枚の原稿が送られたときには、リタードローラーが2枚目の原稿をやさしく抑え原稿を傷めず分離する機構によって、1枚ずつ搬送。原稿の重送による読み取りエラーを抑止し、スピーディーな連続スキャンを実現します。さらに、複写伝票など複数枚で構成される用紙やA3半折り原稿をスキャンするときのために、「非分離モード」も搭載しました。

ダブらんスキャン

高速スキャン

カラーもグレーも白黒も、同じ速さ

高速スキャン

原稿を最大30枚までまとめてセットし、カラーもグレーも白黒も、片面毎分25枚・両面毎分50面で連続スキャンできます(いずれもA4タテ・200dpi)。優れた省スペース効果を発揮する「ラウンドスキャン」の価値を高める快適スピードです。

読取速度(A4タテ、200dpi/300dpi)

解像度200dpi300dpi
スキャンモード 白黒/256階調グレー 24ビットカラー 白黒/256階調グレー 24ビットカラー
A4片面(枚/分) 25 25 25 15
A4両面(面/分) 50 50 50 30

超音波重送検知

搬送を止めて重送を知らせる

超音波重送検知(イメージ)

原稿搬送時に上部のセンサーが発信した超音波を下部のセンサーが受信。複数枚の原稿が重なって送られたことを検知すると搬送を自動的にストップさせます。重送に気づかずにデータが欠落してしまうといったトラブルを解消します。

ストレート排紙も可能な2Way排紙

カードスキャンもOK

名刺、発注書や納品書などの伝票、普通紙の資料など、さまざまなサイズ・厚さの原稿に対応します。また、ラウンド排紙に加え、本体側面のレバーを切り替えればストレート排紙も可能な2Wayスキャナーです。厚みのあるカード類のスキャンも行えます。

写真:2Way排紙切り替えの本体側面レバー

見たままスキャン

「見たまま」自然な原稿セット

スキャンする順番で表面を自分に向け、天地も逆にすることなく「見たまま」の状態で原稿をセットすれば準備完了です。原稿を裏返す必要がないため複数枚の原稿順や内容なども確認しやすく、セットミスのない効率のよいスキャンを実現。スキャンし終えた後も原稿をまとめやすく、手間がかかりません。

写真:見たままの状態で原稿をセットして、スキャン

「Made in Japan」で、しっかり高品質

DR-C225Wは、開発設計から組み立てまでを日本国内の工場で行っています。しっかりした技術が活かされた「Made in Japan」の高品質スキャナーです。また、低消費電力も追求し、動作時の最大消費電力15.6Wを実現しています。

購入前のお問い合せ・資料請求

商品の導入・お見積もりなどお問い合せを受け付けております。
ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

このページのトップへ