ドキュメントスキャナーDR-X10Cユーザビリティ

安定した搬送性能と高速スキャンを両立したフラッグシップスキャナー DR-X10C

読み取り原稿の管理を容易にする「インプリンター」対応

読み取った原稿のファイルサイズを小さくする「カラー・白黒自動判別」

読み取り原稿に、アルファベットや数字、記号などを印字するインプリンター。読み取った原稿に名前や日付、連番を印字することで、原本を容易に管理することができます。なお、DR-X10C用のインプリンターは、電動ヘッド方式を採用しています。また、画像を読み取った後に、原稿の表面に文字を印字。読み取った画像には印字内容を反映しないポストインプリンターにも対応。

オプションの「バーコードモジュール」「パッチコードデコーダー」対応

ISIS/TWAINドライバーでバーコードを認識させるためのソフトウエア「バーコードモジュールIII」と、原稿内に挿入されたパッチコードシートを検知して「自動ファイル区切り」に対応することができる「パッチコードデコーダー」に対応。

確実な原稿スキャンを支える2つのカウントモード

原稿枚数のみを事前にカウントし、実際にスキャンされた原稿枚数と比較することで、スキャンが確実に実行されたことを確認することができる機能を搭載。間違えの許されないシビアなスキャンニーズに対応します。

カウントオンリーモード

原稿搬送のみを行うことで、スキャンする原稿の枚数をカウントする機能です。確実・安心なスキャンをサポートします。

ベリファイスキャンモード

カウントオンリーモードで計測・設定。実際にスキャンした枚数と異なる場合は、エラーが表示されます。

頻繁に行うスキャンフローを登録できる「ジョブボタン」

スキャナー本体のジョブボタンに、頻繁に使用するスキャンフローを登録。1度登録すれば、あとはジョブボタンを押すだけで、いつものスキャンを実行できます。PDFやTIFF、JPEGなど任意のファイル形式で、パソコンへの保存やメールへの添付など、多彩な設定が可能です。

ワンタッチスキャンを実行する「ジョブボタン」

給排紙や消耗品の交換が容易

「前面給排紙によるイージーメンテナンス」

スキャナーの本体前面から、ほぼすべての操作を行うことが可能です。消耗品の交換や万一の紙詰まりの際も、大きな開口部から容易に対応することができます。

「誰でも簡単に取り換えられる交換ローラー」

「フィードローラー」や「ピックアップローラー」などの消耗品は、どなたでも簡単に取り換えることが可能。業務を停止し、サービスエンジニアを依頼する必要がありません。

高機能&シンプル操作の「CapturePerfect3.1」を標準添付

キヤノン独自の高圧縮PDFなら大幅にデータ容量を軽量化。PCでの保存や、メール配信でも負担を効果的に抑えられます。

「CapturePerfect」では、読取設定から保存までの一連の作業をアプリケーショントップのプルダウンメニューに登録できる「ジョブ登録」、シングルページファイル作成時のファイル名、付与する連番を自由に設定できる「ネーミングスキーマ」、作成したファイルへの挿入スキャン、あるいは特定ページの差替えスキャンなど、単なる入力ツールに留まらず、編集機能も充実させた実用的かつ操作性を向上させた高性能ソフトウエアです。もちろん、好評な「高圧縮PDF」、全文検索に便利な「テキストOCR結果付きPDF」生成もサポートしています。

購入前のお問い合せ・資料請求

商品の導入・お見積もりなどお問い合せを受け付けております。
ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

このページのトップへ