ドキュメントスキャナーDR-M160II搬送性能

信頼性を高める堅牢設計、大量ニーズにも応える高速スキャナー DR-M160II

毎分60枚/120面の高速スキャン

一度に両面高速読み取りを実現(1パス両面)

カラー・グレー・白黒ともに片面60枚/分、両面120面/分(A4タテ・200dpi)という「1パス両面」の高速読み取りを実現しました。大量のスキャンもデスクサイドで手軽に効率よく行える、コストパフォーマンスに優れたスキャナーです。

読取速度(A4タテ、200dpi/300dpi)

解像度 200dpi 300dpi
スキャンモード 白黒 256階調グレー 24ビットカラー 白黒 256階調グレー 24ビットカラー
A4片面(枚/分) 60 60 60 60 60 50
A4両面(面/分) 120 120 120 120 120 100

ゆとりの給紙容量&コンパクト堅牢設計

写真:DR-M160II

原稿を何回にも分けてセットする手間を軽減し、効率のよいスキャンが行える最大60枚の給紙容量を確保しました。信頼性の高いコンパクトな堅牢ボディーとの相乗効果で、日々のボリュームあるスキャン業務を快適にこなします。

搬送の信頼性を高めた「給紙ユニット」

搬送力を向上させた給紙ローラーや原稿を揃える原稿ストッパーなどを採用した給紙ユニットにより、搬送の信頼性を高めました。さらに、薄めの原稿でも低速搬送で傷めずにスキャンできる「薄紙モード」も搭載しています。

原稿混載時の斜行搬送を抑止

写真:複数枚スキャン

サイズの異なる原稿を複数枚スキャンする際に発生しやすかった斜行搬送を抑止するために、搬送部の左右でそれぞれ独立して回転するフィードローラーを採用。1枚の原稿が斜行すると、先に抜けた側のローラーの回転がストップするため、逆側が抜ける前に次の原稿を引き込んで搬送することがなくなります。

リタード方式

重送による読み取りエラーを抑止

一度に2枚の原稿が送られたときには、リタードローラーが原稿の搬送方向と逆に回転し、原稿を確実に分離させて1枚ずつきちんと搬送。原稿の重送による読み取りエラーを抑止し、スピーディーな連続スキャンを実現します。さらに、複写伝票など複数枚で構成される用紙やA3半折り原稿をスキャンするときのために、「非分離モード」も搭載しました。

図:リタード方式

超音波重送検知・リトライ機能

搬送を止めて重送を知らせる

図:超音波重送検知イメージ

搬送時に複数枚の原稿が重なって送られたときには、上部のセンサーが発信した超音波を下部のセンサーが受信して重送を検知する「超音波重送検知」により、搬送を自動的にストップさせます。また、給紙口で重送を検知した際には原稿を自動的に逆搬送し、再度給紙を行う「リトライ機能」を搭載。この「リトライ機能」は最大3回まで実行し、リカバーできない重送原稿は排紙口まで搬送されます。

DFR(Double Feed Release)

重送の確認・継続の指示が行える

写真や付箋紙などを貼った原稿をスキャンする際に便利な「DFR(Double Feed Release)」。継続スキャン中に画面に表示された重送確認ダイアログでDFRを選択するか、本体のDFRボタンを押すと、重送ではないと判断しスキャンを継続します。

窓口業務などで効果を発揮する「カードスキャン対応」

プラスチック製の各種カードやエンボス(浮き出し)付カードも、普通紙などと同様に読み取ることができます。本人確認のための免許証のスキャンなど、効率のよいカウンター業務をサポートします。

購入前のお問い合せ・資料請求

商品の導入・お見積もりなどお問い合せを受け付けております。
ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

このページのトップへ