ドキュメントスキャナーCaptureOnTouchクラウド連携

わかりやすい操作と多彩なデータ活用で、スキャンをより効率よく、より便利に。

クラウド連携で、広がるデータ活用。

充実多彩なクラウド連携

さまざまなオフィスのニーズに合わせて、充実多彩なクラウドサービスと連携してスキャンデータを転送。パソコンやモバイル端末を活かして、データ活用の可能性を大きく広げることができます。対応するサービスは、「Evernote」、「Google Drive」、「OneDrive」、「Dropbox」、「SugarSync」。また、「Microsoft Office SharePoint Server」と直接連携させることも可能です。

「出力先」選択画面

効率よく一度に複数の出力

一度のスキャンで、最大3つの出力を実行することができます。例えば、パソコンと複数のクラウドサービスに同時にデータを保存することが可能です。1回データを保存して、他の使いたい場所にコピーするといった手間のかかる作業から解放します。

Notebook指定送信

スキャンデータを「Evernote」に転送する場合は、“Notebook”を指定して送信することができます。内容に応じた“Notebook”に転送することで、より効率のよいデータ活用を促進します。設定は、パソコンにインストールされているEvernoteから設定する「かんたん設定」と、クラウド上で“Notebook”を個別に指定・保存する「カスタム設定」の2種類を利用可能です。

このページのトップへ