ペーパーレスで効率UP!職場改善のススメ

第一回 名刺管理が変わる? – リケジョがダンディ部長とガチバトル!

K部長も驚きのキヤノン「DR-P215II」の実力

主任A子
私が使っているキヤノンのドキュメントスキャナー「DR-P215II」は、名刺を連続給紙で数枚まとめてスキャンが可能。挿し込めば、自動で吸い込まれて再度スルッと排出されるので、セットする手間とか詰まったりというのはほとんどないですね。
複数名刺もスルッと吸い込む
K部長
ふーん、なるほど。でも、そういう高機能なスキャナーって大きくて置き場所も取るんじゃないの?
主任A子
会社の引き出しにいつも入ってますよ。大きめの筆箱ぐらい。USBケーブルでパソコンとつなげば、電源もパソコン経由で供給されるので、コンセントも要りません。だから、時々、出張なんかの時に持ち歩いても使っていますよ。
リケジョは机の引き出しに!
編集Oは机に置きっぱなし!でも違和感なし?
K部長
いわゆるモバイルスキャナーってやつだろ?でもそういうのって、比較的性能は簡易的というか、どうしても精度の点で中途半端っていう印象があるんだけど……。
主任A子
読み取り解像度は600dpiなので十分です。"写真モード"もあって、写真のような原稿でもキレイに読み取ってくれますよ。解像度が高いから、"OCR"って自動で文字を認識してテキスト化してくれる機能にも対応できるんです。
K部長
OCRってスゴイの?ちゃんと認識できる??
主任A子
ふつうに名刺を読み取っただけだと、通常それはパソコン上では1枚の画像として扱われるんです。でも、その画像の中にある文字の要素を抽出・認識して、文字のデータに変換してくれます。そして、それがさっき言ったみたいにそのまま住所録のデータベースになったり、そのデータを文字として電子メールとか他のソフトでも活用可能になったりします。キーワードでの検索も可能になるので、その点でも便利ですよ。
K部長
ふーん、それはちょっと便利かも。
主任A子
さらに、私の場合はデータをクラウド上に保存しているので、パソコン以外でも外出先でスマホからアクセスして、名刺フォルダ兼アドレス帳代わりに使っていますよ。端末がネット回線に接続さえできれば、端末側にデータを保存しておく必要もないので、容量も気にせず使えます。いろんな機器からデータを共有できるのも便利ですね。
K部長
なるほど。データはパソコンの中だけに保存しておくのではないのだね。だけど、大切なお客様からいただいた名刺を捨ててしまうというのはちょっと抵抗があるなぁ。名刺には会社のロゴが入っていたり、時々その人の顔写真とか似顔絵が入っていたりもするじゃない? あれを捨ててしまうのはなんだか残念……。
このページのトップへ