導入事例|株式会社 光陽社

「要求レベルの高い顧客にも対応できる高品質な仕上がり」株式会社 光陽社 執行役員 技術生産本部本部長 千葉 達也氏株式会社 光陽社 製作部 Graphic製作グループリーダー 秋田 英行 氏株式会社 光陽社 企画技術部 テクニカルディレクター 柳沢 健次 氏 商業印刷

株式会社光陽社(本社:大阪市)は創業より57年を迎える総合印刷会社である。サービス内容は企画・デザイン・DTP・印刷・ディスプレイ、クロスメディアと多岐にわたり、ユニークな商材も多い。また、「WcLock」と名付けられたプリントショップを「新宿・渋谷・名古屋・本町(大阪)・神戸」に出店している。印刷に関する多角的な取り組みのなかで、imagePROGRAF iPF9000(以下、iPF9000)がどのように活用されているのか、運用の実際と導入効果についてキーパーソンに話を聞いた。

導入の効果

提案力の向上
最終成果物として幅広い印刷スタイルの提案が可能。
コスト削減
受注側、発注側ともに大幅なコスト削減が実現 。
生産性の向上
60インチの高速出力で作業時間を大幅に短縮。

導入モデル

imagePROGRAF iPF9000

imagePROGRAF iPF9000

60インチ対応最新機種
製品情報

  • 次へ
このページのトップへ