導入事例|日本アート精版株式会社(1/4)

「大幅なコストダウンと色安定性の両立を実現!imagePROGRAFシリーズを軸にしたインクジェットプルーフワークフロー」日本アート印刷工業株式会社および日本アート精版株式会社 代表取締役社長 木村 啓一氏

大阪府西区にある日本アート精版株式会社は、グループ会社である日本アート印刷工業株式会社の製版、CTP出力を主な業務に掲げる企業である。
2011年、それまで使用してきたDDCPの代替として「imagePROGRAF iPF8300S」(以下、「iPF8300S」)を主力プルーファーとして導入することを決定した。早くからインクジェットプルーフを活用してきた同社に、現在のワークフローとプルーフシステムの構築について伺った。

導入の効果

コスト削減
DDCPからのリプレースによりプルーフ費用の削減に成功。
高い色安定性
安定した色再現でプルーフの信頼性が向上。
生産性アップ
高速出力で顧客への迅速な対応が可能に。

導入モデル

imagePROGRAF iPF8300S

写真:imagePROGRAF iPF8300S

  • 次へ
このページのトップへ