大判プリンター導入事例浅草寺

1枚単位で出力できるimagePROGRAFは、大きな自由度と可能性を与えてくれた。浅草寺教化部 古川 正雄 様

「雷門」で知られる浅草・浅草寺は、海外からの観光客にも人気の高い観光地ですが、その一方で、多くの信徒を抱え、幼稚園の運営も行うなど地域に根ざした活動も行っている。その浅草寺は、さまざまな業務に「大判プリンターimagePROGRAF(イメージプログラフ)」を活用している。浅草寺教化部の古川正雄さまにお話を伺った。

大判プリンターの導入効果

柔軟な「掲示」広報活動が可能に
情報やお知らせを掲示板などに貼り出すのはお寺にとってとても大切な仕事。迅速に、高い品質のポスターを安価に、素早く、1枚から印刷できる。
オリジナルのポスターや垂れ幕は園児にも好評
imagePROGRAFと、ポスターかんたん作成ソフト「PosterArtist Lite」の活用で、幼稚園児の参加する行事のポスターを素早く、美しく出力可能に。

柔軟な「掲示」広報活動が可能に

情報発信というと、今ではウェブサイトを使って行うのが一般的になった。若い世代は、スマートフォンやパソコンを使って必要な情報を取得するのは一般的だが、お年寄りなど、ウェブ閲覧にはなじみの薄い世代の方には、掲示板などに掲出されたポスターは大切な“情報源”。そんなポスターの掲示に、外部デザイン事務所や印刷所に依頼することなく、1枚単位で出力できるimagePROGRAFは、大きな自由度と可能性を与えてくれた。

掲示板に貼り出すものは?

浅草寺では、東日本大震災の寄付金の告知や、催しのお知らせに活用している。こういった情報は、ウェブや印刷物で公開するだけでなく、掲示することが大切とのことで、内容は頻繁に更新しているそうだ。 最近では、信徒さん宛に送った「お知らせ」内の正誤表のような情報を貼り出したこともある。寺を訪れる信徒さんであれば、たいていの方が目に留める場所であるため、貼り出す意義は大きい。

作業の効率化に貢献

古川さまは他の仕事と並行でポスター作成を行っている。他の仕事の間を縫って制作を行うことになるため、短時間で完結できるのは何よりもありがたいとのこと。朝にポスター作成が決まって、午後には貼り出すといった臨機応変な対応も可能になった。

浅草寺の古川正雄さまに聞く

浅草寺が、業務の効率化を目的に「imagePROGRAF」を導入したのは、5年ほど前のこと。寺務所施設内の一室に設置された本体は、構内のネットワークに接続されており、主に、古川さまをはじめとする数名の担当者が利用しているそうだ。

「現在、境内の掲示板に貼ってあります『東日本大震災義援金のご報告』のポスターはimagePROGRAFで印刷したものです。浅草寺では震災の直後から『大絵馬寺宝展と庭園拝観』として、通常では行っていない絵馬堂を、期間を設けて都度公開し、その入場料を、日本赤十字社などを通じて被災地に寄付する活動を行っているのですが、みなさまからご協力いただいた義援金の金額などを告知するためにポスターを作成しています。ご報告する金額は逐次変わっていきますので、数値を書きかえたものを定期的に出力し、貼り直すようにしています」

「境内の掲示板に目を留める方はとても多いんです。私達にとって非常に重要な発信スポットだということができると思います」

付属の幼稚園や福祉施設での行事での活用

浅草寺幼稚園では、色々な行事の際にポスターなどを掲示するそうだ。大判印刷というと「使い方が難しい」とか「活用しきれないのでは」といったイメージを抱くが、担当者は付属のポスター作成ソフトの「PosterArtist Lite」を活用して、ポスターや垂れ幕など長尺ものの作成、印刷を行っているという。

「私自身は、以前ウェブ関係の仕事をしていたこともあり、デザイン用ソフトでの作業に抵抗はありません。幼稚園の担当者も付属の『PosterArtist Lite』で問題なく作成と印刷をしています。ポスター作成に利用できるクリップアートが豊富なので園児にも好評です」

用途に応じた用紙の活用で広がる表現力

「文字が多いものは厚口コート紙、写真がメインのものはフォト半光沢紙と作る出力物の雰囲気と掲載場所に応じて用紙を使い分けています。どちらでも印刷品質が高くとても満足しています。印刷を外注したものと比べても遜色ないと思いますし、長期間貼り出したポスターでも褪色は少なく感じます。目詰まりなどのトラブルが少ないのも嬉しいですね。何かあってもご担当者がすぐに対応してくれるので安心です」

今後、さまざまな行事や告知に活用していきたいと語る古川さま。少々意外な「お寺と大判インクジェットプリンター」という組み合せだが、話を聞いていくと、親和性が高いことが分かる。imagePROGRAFは今後、さらに広い領域で使われていくことになりそうだ。

プロフィール

東京都内最古の寺院。「浅草観音」の名で親しまれ、年間約3,000万人もの参詣者が訪れる民衆信仰の中心地であるとともに、雷門や五重塔、仲見世など都内有数の観光名所となっている。

所在地
東京都台東区
山・寺号
金龍山 浅草寺
宗旨
聖観音宗(総本山)
本尊
聖観世音菩薩(秘仏)
創建年
推古天皇36年(628年)3月18日
戻る
このページのトップへ