導入事例|株式会社東電ホームサービス

日産600枚、膨大な枚数の図面増刷で威力を発揮する大判プリンター+大判スキャナー

既存機の“2倍の出力スピード”がリプレイス最大の決め手となった

写真そして何より大きな決め手は、以前のプリンターと比べて「倍のスピード」と渡辺氏が評するimagePROGRAFの群を抜く出力スピードだ。出力に4分かかる長尺図面600枚を6台のプリンターで分散し、休みなく出力し続けたとしても終了は6時間40分後。それが半分で済むならば効果は明らか。しかも出力品質も前システムをしのぐなら言うことはないだろう。  同センター自慢の増刷システムは、増える一方の地中線設計図の増刷ニーズや枚数にも余裕で応え、期日内納品に大きな力を発揮している。

お客さまのプロフィール

【株式会社東電ホームサービス】

  • 設立/1982年
  • 本社/東京都港区
  • 事業内容/東京電力株式会社からの受託業務(電気の使用にかかわるお客さまへのサービス業務、配電設備の設計/保守および竣工検査、電柱共架物の受付/事務管理、お客さま宅の電気設備の安全調査業務)、キッチン/バス/トイレなどオール電化リフォーム、IHクッキングヒーター/エコキュートなど各種電化機器の販売、氷蓄熱式パッケージエアコン「エコミニぐっぴー」の販売、各種電化機器リース、特定労働者派遣事業
  • 代表取締役社長/濱田辰夫
  • 前へ
  • 導入事例トップ
このページのトップへ