大判プリンターiPF670 MFP-2/iPF770 MFP-2プリント

A1 / A0サイズ対応の大判MFPソリューション imagePROGRAF iPF670 MFP-2 / iPF770 MFP-2

A1 横 約25秒※1の高速プリント

高速出力

プリントヘッド駆動速度や用紙カットを高速化することでiPF770 MFP-2ではA1横サイズ1枚 約25秒※1、iPF670 MFP-2ではA1サイズ1枚 約28秒※2の高速印刷を実現。さらに、用紙の給排紙に要する時間を短縮することで連続印刷時のスループットの向上を図り、高速性を実現しています。また、インクの消費量を「速い」モードの約半分程度に抑えて印刷する「お試し印刷機能※3」を搭載。レイアウト確認などで試し印刷を行う際のインク消費を抑えることが可能です。

印刷しながらインク交換できる

ストップレスインクタンク交換

ストップレスインクタンク交換(写真)

インクタンクが空になっても、サブインクタンクから自動供給。印刷を止めずにインクタンク交換が可能です。また、インクタンクが空になったことを音で通知するので、他の作業中でも交換タイミングを逃しません。インクを最後まで使い切るのでインクのムダ削減にも貢献します。

高精度なCAD出力を、簡単に

imagePROGRAF プリンタードライバー

印刷配置がわかるプレビュー画面をはじめ、「CAD(カラー線画)」「CAD(モノクロ線画)」の2つのCAD専用の目的設定モードを搭載。また、1200dpiレンダリングモードの設定と、距離精度±0.1%※1の実現により、最小線幅0.02mm※2の高精度印刷が可能。斜線や曲線はより滑らかに、小さな文字もつぶれることなくクリアに再現します。また、コート紙でのポスター出力に「速い」モードを新設し、ポスター用途でのコート紙出力の高速印字を実現します。

鮮やかさが向上したマゼンタインク

新マゼンタインク

新たに開発したマゼンタインクを採用し、従来モデルに比べて赤の色再現領域が拡大しました。建築パース図をより鮮やかに、カラーCAD図面の赤文字や赤細線をより認識し易く印刷します。

新マゼンタインク(写真)

1200dpiのレンダリング処理による高精細

距離精度±0.1%、最小線幅0.02mmを実現

印刷配置がわかるプレビュー画面をはじめ、「CAD(カラー線画)」「CAD(モノクロ線画)」の2つのCAD専用の目的設定モードを搭載。また、1200dpiレンダリングモードの設定と、距離精度±0.1%※1の実現により、最小線幅0.02mm※2の高精度印刷が可能。斜線や曲線はより滑らかに、小さな文字もつぶれることなくクリアに再現します。また、コート紙でのポスター出力に「速い」モードを新設し、ポスター用途でのコート紙出力の高速印字を実現します。

AutoCADに最適化された印刷制御

AutoCAD用プリンタードライバー最適化キット

オートデスク社の協力のもとに開発したこのプリンタードライバーは、AutoCADに最適化された印刷制御により、さらに生産性の高い出力を実現します。

文字や線画をくっきり、カラーは鮮明に再現

5色・染顔料リアクティブインク

顔料「マットブラックインク」と染料カラーインクを反応(リアクティブ)させることにより、にじみの少ないハッキリとした黒の線画や文字を表現します。さらに文字や罫線、グラフ・図形、そして写真などが混在するビジネス文書やポスターの各オブジェクト別に、最適な画像処理を行うことにより、オフィスからCAD/GISまで多彩な用途に対応します。

5色・染顔料リアクティブインク
5色・染顔料リアクティブインク(イメージ)
リアクティブインクテクノロジーイメージ図
リアクティブインクテクノロジー(イメージ)

確認用に、インク消費量を抑えた出力が可能

お試し印刷機能搭載

この印刷モードでは、インクの消費量を「速い」モードの約半分程度に抑えて印刷します。レイアウト確認などで試し印刷を行う際のインク消費を抑えることが可能です。

このページのトップへ