大判プリンターiPF785操作性その他

imagePROGRAF iPF785 操作性その他

クラウド連携によるデータ共有で、ワークフローを効率化

imagePROGRAF Direct Print & Share 2.0(ファイル出力・共有ソフト)

imagePROGRAF Direct Print & Share 2.0(写真)

imagePROGRAF Direct Print & Share(以下、DPS)を使えば、アプリケーション不要でファイルをそのまま印刷・共有することが可能です。

  • ダウンロードのページから対象機種・OSを選択してインストールして下さい。

クラウドサービス連携(HOME-BOX2対応)

新たにキヤノンの中小企業向けクラウドストレージ「HOME-BOX2」に対応しました。
クラウドサービスとの連携により、ファイルを簡単にアップロード/ダウンロードし、施工会社や設計事務所、建設現場などの関係者間でファイルをタイムリーに共有し、ワークフローを改善、時間とコストの削減に貢献します。

imagePROGRAF Direct Print & Share 2.0(イメージ)

HP-GL/2ファイルに対応

JPEG、TIFF、PDFに加え、HP-GL/2ファイルをアプリを立ち上げることなく直接操作し、簡単に出力できます。

ショートカットプリント

ファイルをドラッグ&ドロップするだけで出力ができます。

imagePROGRAF Print Utility

Print Utility(写真)

iPad※1からの大判出力を行える無料アプリを用意しました。汎用ビューワーで閲覧や書き込みしたPDFを、PCレスでimagePROGRAFプリンターに出力することができます。※2
例えば建築の現場で、修正指示をその場で出力し、関係者と共有するときに便利です。

AppStoreよりダウンロードして下さい。(2014年8月予定)

対応機種
iPF680/iPF685/iPF780/iPF785/iPF815/iPF825

前面操作で壁ピタ設置を実現

省スペース設計

フルフロントオペレーション

省スペース設計/フルフロントオペレーション(写真)

インク交換、用紙セット、紙詰まりの処理などを、本体前面からの操作だけでできるフルフロントオペレーションを実現。背面からのアクションをなくしたことで、プリンターの壁ピタ設置が可能に。従来※1より本体幅約20cm縮小※2の省スペース化を実現し、スペースの有効利用に貢献します。

出力順序のまま、キレイに積載

普通紙積載バスケット

普通紙積載バスケット(写真)

新設計のペーパーガイドにより、設計図面などの定形※1用紙が出力された順序のまま積載可能※2です。

ロール紙を簡単にセット可能

スライドイン方式使用

スライドイン方式(写真)

ロール紙をプリンター上部手前に仮置きした後、ガイドレールに沿ってスライドさせると装着できるスライドイン方式を採用。正面から手の届きやすい位置にロール紙を置けるため、体に負担を掛けずに無理なく自然な姿勢のまま、簡単にセットできます。

使いやすくなった

操作パネル

操作パネル(写真)

大型液晶ディスプレイに「用紙」「インク」「ジョブ」「設定/調整」の4項目に分け、タブ表示。残量情報や設定メニューなどが、ひと目で把握できます。また、イラストを使ったわかりやすい操作ナビ機能も備えています。

大判コピーシステムへの拡張も可能

大判コピーシステムへの拡張M40+iPF780(写真)
  • 大判図面のスキャン、コピー、プリントが可能な大判コピーシステム(大判MFP)
  • 図面の電子化、コピーが簡単操作
  • 既設プリンターへの後付けも可能

「PosterArtist Lite」を同梱

ポスター作成の基本機能を備えたソフトウェア

高品位なポスターを簡単に作成できることで定評のあるソフトウェア「PosterArtist」の機能制限版「PosterArtist Lite」を同梱。小売、流通、飲食、文教、一般オフィスといった各業種向けに用意された豊富なテンプレートやクリップアートを使って4つのステップに従うことで、専門的なデザインスキルが無くても、手軽に簡単にポスター作成ができます。直感的な操作性のため、オフィスで使うソフトウェアの感覚で、手軽に、思い通りのポスター編集が行えます。

クラウド共有機能

PosterArtist Liteに、Direct Print & Share(以下DPS)と連携したクラウドストレージ機能を追加。これによりPosterArtistで作成したポスターデータを、DPSを介してクラウドストレージに保存、共有することが可能です。

このページのトップへ