大判プリンターiPF815特長

imagePROGRAF iPF815 特長

A1約24秒※1の高速性と約6.7円※2の低コストを実現

プリントヘッド駆動速度や用紙カットを高速化することでA1サイズ1枚約24秒※1の高速印刷を実現。さらに、用紙の給排紙に要する時間を短縮することで連続印刷時のスループットの向上を図り、A1サイズを最大で毎分2枚※1印刷するクラストップレベル※3の高速性を実現しています。

ポスター簡単作成ソフト「PosterArtist Lite」標準添付

ポスター作成をサポート

専門の知識がない方でも、テンプレートを選んで写真や文字を入れ替えるだけの簡単操作で、誰でも簡単にポスターを作成できるツールを標準添付しています。

大容量インクタンク

使用頻度に応じた容量選択が可能

330ml、700mlインクタンク(イメージ)

大容量サイズの各色330ml、700mlのインクタンクを採用。各色の使用頻度に応じたタンク容量の選択が可能なことに加え、インク交換作業の負担を軽減します。

ストップレスインクタンク交換

納期直前の集中印刷時も安心。突然のインク切れでもプリントを継続

ストップレスインク(イメージ)

インクタンクに常に一定量のインクを蓄えることにより、印刷を停止せずにインクタンクの交換が可能です。また、突然のインク切れでもサブタンクのインクだけで印刷可能。インクタンクの中身をあますことなく使い切ることができます。また、700mlの大容量インクタンクを採用。連続運転にも、安心して対応できます。

大容量バスケット(オプション)

大量のCAD図面やポスターを、一度に収納できる

キャスター付バスケット(イメージ)

大量の出力物を収容するのに便利な大容量の「キャスター付バスケット BU-03(オプション)」を用意しています。長尺印刷や大量の図面出力を行う際に、回収する手間も省け、作業効率を高められます。

自動巻き取り装置(オプション)

自動で巻き取るから、安心

自動で出力用紙を巻き取るため、長尺、連続大量出力、さらには夜間連続出力時などに効果を発揮します。

カット時間を短縮することで、出力時間を短縮

 カッターをキャリッジと分離(イメージ)

カッターをキャリッジと分離して動作する自走式のため、印刷終了直後にカッティングが可能に。用紙カット時間を短縮し、スループットを向上させ、大量印刷時の出力時間短縮を実現しました。

ネスティング・自動回転

HP-GL/2図面データを効率的に配置、用紙を節約する

ネスティング・自動回転(イメージ)

ネスティング機能は、さまざまなサイズのデータ図面をロール紙に効率的に配置し、印刷。自動回転機能は、縦長のデータ図面を、ロール紙に横向きに自動回転させ、配置、印刷。余白部分を多く残さず印刷することで、用紙を節約します。また、ネスティング機能と自動回転機能を組み合せることも可能です。

ジョブ管理、セキュリティーも、自在にハンドリングできる160GB HDD 標準搭載

ハードディスクへのジョブデータ保存により、ホストPCのすばやい解放を実現。また、印刷途中のエラー後のジョブリカバリーや出力順序の変更なども、スムーズに対応。スピーディーな大量図面出力をサポートします。さらに、セキュリティー機能も充実。保存データを完全性の高い方法(米国防総省DoD5220.22-M準拠)で消去する機能をはじめ、出力後にジョブデータをハードディスクに残さない設定など、機密性の高い情報も、安心して取り扱えます。

5色・染顔料リアクティブインク

文字や線画をくっきり、カラーは鮮明に再現

顔料「マットブラックインク」と染料カラーインクを反応(リアクティブ)させることにより、にじみの少ないハッキリとした黒の線画や文字を表現します。さらに文字や罫線、グラフ・図形、そして写真などが混在するビジネス文書やポスターの各オブジェクト別に、最適な画像処理を行うことにより、オフィスからCAD/GISまで多彩な用途に対応します。

5色・染顔料リアクティブインク
5色・染顔料リアクティブインク(イメージ)
リアクティブインクテクノロジーイメージ図
リアクティブインクテクノロジーイメージ図

お試し印刷機能搭載

確認用に、インク消費量を抑えた出力が可能

この印刷モードでは、インクの消費量を「速い」モードの約半分程度に抑えて印刷します。レイアウト確認など試し印刷を行う際のインク消費量を抑えることが可能です。

距離精度±0.1%、最小線幅0.02mmを実現

1200dpiのレンダリング処理による高精細

CAD出力に求められる最小極細線や極小文字を距離精度±0.1%※1、最小線幅0.02mm※2の高精度・高精細で印刷します。さらに、1200dpiレンダリング処理により、斜線や曲線はより滑らかに、小さな文字もつぶれることなくクリアに再現します。

1200dpiレンダリングテクノロジー(イメージ)

顔料ブラックインクと先鋭化処理によるくっきり鮮明な文字・線画

顔料インク(イメージ)

普通紙、コート紙などで使用するマットブラックインクに「顔料インク」を採用。さらに、4pl※1の小液滴で吐出することで、黒文字・線を精細に印字します。また、出力データを解析し、輪郭部のインクを最適にコントロールするキヤノン独自の「新文字・線画鮮鋭化処理」により、CADやオフィス文書でよく使われることの文字・線画をくっきり鮮明に再現します。

選べるCAD出力方法

目的にあわせて出力方法が選べる

imagePROGRAFプリンタドライバ、HP-GL/2、HP RTL、AutoCAD用プリンタードライバー最適化キット、imagePROGRAF HDIドライバー、そして、目的にあわせた印刷によって、より精度の高い仕上がりを実現します。

CAD出力プリンタードライバー(イメージ)

リモート通知機能

警告・エラー発生時にE-Mail送信

リモート通知機能(イメージ)

ジョブ終了」「インク残量警告」「用紙切れ」など、警告・エラー発生時には、E-Mailによりユーザー指定の任意のアドレスに通知。消耗品切れやトラブルからの早期復帰に役立ちます。

このページのトップへ